よっしーのつぶやき

横浜ベイのこと、落語のこと、大相撲のこと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よってたかって新春らくご17  有楽町よみうりホール

夢空間が、主催の落語会。

あまりいかないけど、今回はご一緒する方がおり行ってみた。

結果としては、めずらしく落ち着いたいい「落語会」であった。

三遊亭兼好 「黄金の大黒」

この人の落語はスピード感があって楽しい。
だけど、一言いわせて頂くと、せわしなくて「落ち着き」に欠ける感がある。
もう少しゆっくり話してもいいのではと思う。

柳家喬太郎 「次郎長三国志 小政立身出世伝」

まずは、自分が主演の「映画」の話。

スプリング・ハズ・カム
http://springhascome.xyz/
ちょっと、見てみたい気がするね。

落語「本編」
喬太郎の落語は、時に「当たりはずれ」が大きいと思う。
気持ちがのらないとだめな人だよね。
「錦木検校」のような、立身出世伝的な話は意外と得意なので
今回の「小政」の話は「ニン」であった。

お中入り

春風亭百栄 「鼻ほしい」

マクラで、寄席で、マクラを聴いて、演目を書く人をいじる噺。
なかなか、意地悪で噺を変えて、間違えさせるというネタ。結構おもしろい。

鼻ほしい。ほとんど最近聴かない噺。でも百栄のキャラが活きていてよかった。
意外と、この噺家さんが好きです。

柳亭市馬  「二番煎じ」

この人の落語を面白くないという人も多いが、私は「市馬擁護派」として敢えて言う。
こういう「まっすぐな落語」があってもいいではないか。
「しし鍋」と酒が無性に飲みたくなる。
冬の夜の「番」の情景もよく演じている。

「まっすぐな落語」大好きである。

夢空間企画の落語にしては、ゆったりした雰囲気でとてもよかった。

反省会は「ヒルズダイニング」にて。

無題




*CommentList

ニッポン全国鍋グランプリ!!!

恒例の、ニッポン全国鍋グランプリ。

地元、和光市にて開催。

16298509_1678237898948929_4641208046248886707_n.jpg
16402778_1678208705618515_6556631039837693048_o.jpg


もっと、いろいろあったけど一部掲載。

好みはいろいろだけど、以下結果です。HPでご覧あれ。

http://wako-sci.or.jp/wp-content/uploads/2017/01/2017results.pdf

*CommentList

舛実くんを、囲んで!!!

初場所、6勝1敗と大活躍の舛実くんを囲んで。

四谷三丁目の老舗「こっくている」にて。

好角家の友人、Fさんと、同級生のTくんと。

いやあ、「好角家」だけには初場所のネタの激論でした。
楽しかったなあ。

16298830_1675734269199292_5156009804136234054_n.jpg

16142785_1675734282532624_7156025373229525819_n.jpg

16266215_1676480829124636_5227733528901458691_n.jpg

16194904_1676480855791300_6340752981526578839_n.jpg


*CommentList

大相撲観戦と 居酒屋貴闘力

稀勢の里の優勝と、横綱昇進にわいた、初場所。

10日目に観戦をしてきました。

平日でしたが、もちろん「満員」です。
稀勢の里は照ノ富士に「完勝」でした。

o0960054013847720493.jpg

取組後は、居酒屋「貴闘力」へ。

好角家と世話人の栃の山さんを囲んで、全部で7名の「大宴会」

いやあ、うまかったのなんの。話もさすが「好角家」の集まりで「相撲」の
マニアックなネタばかり(笑)

刺し盛り
o0960054013848423352.jpg

張りて揚げ(貴闘力の技にちなんでネーミング)

o0960054013848423361.jpg

塩ちゃんこ(うますぎです)

o0960054013848423367.jpg

是非、皆様も行ってみてください。門前仲町から7分くらいです。

第137回 柳家小満んの会 関内小ホール

居残り会の皆様に誘われて、はじめての関内ホールでの小満んの会。

いやあ、楽しかったです。こじんまりとした会でしたが小満んが好きな方たちが集まって
いてとてもいい会でした。

千早ふる

へんな「演出」はなく、正統派の「柳家」の「千早ふる」でした。
でも、そこは「造詣」のある師匠ですから百人一首の「話」も取り入れて
しっとりとまとめてくれました。

姫かたり

初めて聴きました。
お恥ずかしいですが。
歳の市でにぎわっている、浅草観音の境内。
「市やまけた、市やまけた。しめか飾りかだいだいか」
この売り声が、落語のオチへと続いていく。

「医者負けた。医者負けた。姫かかたりか。」

先生思わず「大胆な…」

要は、金もちの医者先生をだます「狂言」なのだが
やはり、昔の時代背景を思い浮かべないと難しいかなあ。
いやな、世の中「粋」がなくなってきたよね。

主な演者として、5代目古今亭志ん生や3代目三遊亭金馬
小満んの洒脱さにぴったりの「噺」でした。

質屋倉

上方落語の傑作。
「質屋ばけもの話」
円生は大阪に行った時、文團治に移してもらったそうだ。

上方話も、小満んの手にかかると、なんかとても「しゃれた」噺に聴こえてくる。

ほんと、素敵な噺家さんですね。

反省会は常磐町の「団欒」にて。うまかった!!!
写真はSさんのを拝借「のどぐろ」
私の画像は容量が大きすぎるので((笑)

小生の下手な落語「阿武松」までご披露!!!

e0016828_09480033.jpg




*CommentList

ご案内

プロフィール

創塁パパ

Author:創塁パパ
落語大好き(特に柳亭市馬・古今亭志ん五・桂米二・古今亭志ん朝)
大相撲大好き(特に舛ノ山と栃の山そして常盤山親方)
JAZZ大好き(特にクリフォード・ブラウン・レッド・ガーランド・アート・ペッパー・シダ―・ウォルトン)
戦国武将大好き(特に大谷吉継・石田三成・直江兼続など西軍好き)
横浜DeNAベイスターズの大ファン!!!
創塁(つくる)パパです。
9歳。小学校3年生
やんちゃ坊主の父です。
マニアックさは
誰にも負けません(笑)

最新記事

にほんブログ゙村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。