よっしーのつぶやき

横浜ベイスターズのこと、落語のこと、大相撲のこと。JAZZのこと。

名盤ではないが、大好きなJAZZアルバム

神保町の「BIGBOY」さんに通っているおかげで
名盤ではないが、すばらしいJAZZアルバムに出会えてます。

そんなアルバムを随時紹介していきますね。

1.初めて聴いてぶっ飛んだ「アルバム」

ザ・キッカー

51lAmc7c8lL.jpg

以下、JAZZ100年の大名盤500より。

1963年12月。ボビー・ハッチャソンはブルーノートに初リーダーアルバムを録音した。
メンバーは、6週間前にグラント・グリーンの輝ける「アイドル・モーメンツ」を作ったと同じ
セクスセットだ。

セッションは順調の進み立派な楽曲を収録したが、その結果が、当時世にでることはなかった。
このセッションがついに世にでたのは1999年のCD「ザ・キッカー」だ。

このCDは、今でも入手が難しい。ネットでも15,000円以上の中古がいいところ。

しばらくは、「BIGBOY」で聴きます((笑)

メンバーは

Bobby Hutcherson - vibes
Joe Henderson - tenor saxophone
Duke Pearson - piano
Grant Green - guitar (#4-6)
Bob Cranshaw - bass
Al Harewood - drums




 < 夏休み越後湯沢の巻 + 平成29年秋 落語協会真打披露興行 志ん五復活!!! > 

コメント

こんど行ったらリクエストしてみます。
応じてくれるかな。

佐平次さんへ

大丈夫です。応えてくれますよ(笑)

ほう、なかなか良さそう!

おやおや、お盆にジャズネタの記事でしたか!
ベースはThe SidewinderのBob Cranshaw、ドラムがGone With GolsonのAl Harewoodなら、リズムセクションは悪くないね。
50年代が中心の私はBobby Hutchersonのリーダーアルバム聴いたことないので、そのうち聴こうと思います。
そうそう、Frank MorganのReflectionsでBobbyの洒落た音色を聴いています。
そのうち、またジャズと落語を肴に飲みましょうね。

幸兵衛さんへ

ありがとうございます。また、ジャズ談義しましょう(^-^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/954-ed9c791c

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30