神保町の「BIGBOY」さんに通っているおかげで
名盤ではないが、すばらしいJAZZアルバムに出会えてます。

そんなアルバムを随時紹介していきますね。

1.初めて聴いてぶっ飛んだ「アルバム」

ザ・キッカー

51lAmc7c8lL.jpg

以下、JAZZ100年の大名盤500より。

1963年12月。ボビー・ハッチャソンはブルーノートに初リーダーアルバムを録音した。
メンバーは、6週間前にグラント・グリーンの輝ける「アイドル・モーメンツ」を作ったと同じ
セクスセットだ。

セッションは順調の進み立派な楽曲を収録したが、その結果が、当時世にでることはなかった。
このセッションがついに世にでたのは1999年のCD「ザ・キッカー」だ。

このCDは、今でも入手が難しい。ネットでも15,000円以上の中古がいいところ。

しばらくは、「BIGBOY」で聴きます((笑)

メンバーは

Bobby Hutcherson - vibes
Joe Henderson - tenor saxophone
Duke Pearson - piano
Grant Green - guitar (#4-6)
Bob Cranshaw - bass
Al Harewood - drums




Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/954-ed9c791c