平成29年9月下席より

・桂三木男 改メ 五代目 桂三木助

・柳亭こみち

・古今亭志ん八 改メ 二代目 古今亭志ん五

この3名が、真打に昇進する。
志ん五がついに復活する。感慨深い。

志ん五といえば、私が40歳のころから、寄席通いを始めたときの「アイドル」

二ツ目時代から、一度聴いたら忘れない与太郎像を確立して「与太郎の志ん三」と言われた。
『らくごin六本木』(フジテレビ、高田文夫プロデュース、俳優座劇場公録)でも、小遊三と一緒に売れまくっていたね。
形相から『ドラキュラ』とも言われていたね。

体力を消耗する与太郎芸が次第に少なくなり
『井戸の茶碗』『柳田格之進』『浜野矩隨』人情噺もよかったねえ。

志ん五の「錦の袈裟」「蜘蛛駕籠」 最高です!!!

私は、志ん五になってからであるが、師匠やおかみさんとも「懇意」にして頂き大変うれしかった。
町屋での「告別式」にも、ひとりで参列した。

志ん八くんも、2ツ目の時から見ていた。一番、志ん五が心配していた弟子。
でも、一番、志ん五に「芸風」が似ている。
楽しみだ。絶対、寄席の、襲名披露興行に行くぞ!!!

IMG_20170815_074855.jpg




こみちは、 柳亭燕路のお弟子さん。
私は、女性の噺家さんの中では、「江戸の匂い」を感じさせることができる方だと
思う。期待しています。

三木男の三木助については、語る気にもなれません。以上。


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/953-33febb28