今年は初めての「寄席」

やっぱり池袋演芸場へ行かんとね。

以下、演目一部感想

春風亭柳朝 「洒落小町」
最近あまり、演る人がいないような。元は上方落語「口合小町」
桂文治作。

柳朝は、やっぱり「華」があるね。好きな「噺家」さんのひとり。
間の取り方も良い。

橘家半蔵 「代書屋」
圓蔵師の2番目のお弟子さん。雰囲気は圓蔵師に似ているが
肝心の「落語」は残念ながらイマイチ。演目も「ニン」ではない。

漫才 にゃん子 金魚
いやあ、汗かくほど笑った。金魚ちゃんの仕込みの「バナナ」
「仕事ですから!!」

古今亭志ん弥 「初音の鼓」
彦六師がよく演じていたらしいが、私は聴いたことがない。
志ん弥師は、地味だけど、昔の風情がある「噺家さん」で好きである。

柳家小さん 「長屋の花見」
なんか、しんきくさいところが妙に「小さん」にあっていて「ニン」な噺だと
思う。小さんもこの「枯れ方」で落語家を続けていくんだろうね。

お仲入り

古今亭文菊  「湯屋番」
いやあ、すばらしかった。「若旦那」を演じさせたらこの人が一番。
所作もきれいだし、さすが「海老蔵」 また、独演会に行きたくなった。

橘家園太郎 「粗忽の釘」 (序)
この人の、声と、スピード感が大好き。
先に演った文菊を「あいつはバカですね」と
でも、あなたも「バカ」だよ。
二人とも、ほんとの「落語バカ」です((笑)
最高の褒め言葉ですよ!!!

古今亭菊之丞  「愛宕山」
たいこもちのネタはこの人の「ニン」
見事に、上方と江戸のいいところをうまく「調和」させて
全篇を演じていました。

やっぱり、池袋演芸場の「雰囲気」最高ですね。
病みつきになりそうです(笑)

1400578203_main_l.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/940-cebc37c8