居残り会の皆様に誘われて、はじめての関内ホールでの小満んの会。

いやあ、楽しかったです。こじんまりとした会でしたが小満んが好きな方たちが集まって
いてとてもいい会でした。

千早ふる

へんな「演出」はなく、正統派の「柳家」の「千早ふる」でした。
でも、そこは「造詣」のある師匠ですから百人一首の「話」も取り入れて
しっとりとまとめてくれました。

姫かたり

初めて聴きました。
お恥ずかしいですが。
歳の市でにぎわっている、浅草観音の境内。
「市やまけた、市やまけた。しめか飾りかだいだいか」
この売り声が、落語のオチへと続いていく。

「医者負けた。医者負けた。姫かかたりか。」

先生思わず「大胆な…」

要は、金もちの医者先生をだます「狂言」なのだが
やはり、昔の時代背景を思い浮かべないと難しいかなあ。
いやな、世の中「粋」がなくなってきたよね。

主な演者として、5代目古今亭志ん生や3代目三遊亭金馬
小満んの洒脱さにぴったりの「噺」でした。

質屋倉

上方落語の傑作。
「質屋ばけもの話」
円生は大阪に行った時、文團治に移してもらったそうだ。

上方話も、小満んの手にかかると、なんかとても「しゃれた」噺に聴こえてくる。

ほんと、素敵な噺家さんですね。

反省会は常磐町の「団欒」にて。うまかった!!!
写真はSさんのを拝借「のどぐろ」
私の画像は容量が大きすぎるので((笑)

小生の下手な落語「阿武松」までご披露!!!

e0016828_09480033.jpg




Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/935-0ef03837