ついに、志ん五が復活する!!!

(以下スポーツ報知より)

9月に真打ちに昇進する落語家・古今亭志ん八(41)が14日、TBSラジオ「話話話芸(わーわーわげい)」(土曜・後5時15分)に出演し、2代目・古今亭志ん五を襲名することを発表した。

 志ん八は2003年に初代・志ん五に入門し、06年に二つ目に昇進。志ん五が10年に亡くなった後は、志ん橋門下に移籍していた。番組で、今秋に真打ちに昇進することを報告した志ん八は「名前が変わるんです。師匠が天国に行ってこの前7回忌だったんですが、師匠の名前を継ぐんです。古今亭志ん五です。“8”から3引かれて“5”になります」と説明した。

 志ん八はブログでも襲名を報告、「師匠の背中は大きくて、噺家としての生き方やニオイを教わりました。去年、7回忌を終えたばかりで、ファンも沢山いらっしゃる中、志ん五を継いでも良いものか悩みました。現在の師匠の志ん橋が『新しい志ん五をお前がつくっていく了見でいなさい』と背中を押してくれて決断しました」とコメントしている。


いやあ、うれしいね。志ん八は二ツ目に昇進した時の、日暮里サニーホールでの志ん五の独演会を思いだす。
師匠が一番気にかけていた弟子で会った気がする。


以下、拙のブログ。(志ん五が亡くなった日)

(以下2010年9月29日)

突然の訃報でした。
朝、新幹線の中で、友人からメールをもらい知りました。
涙が止まりませんでした。

27日の楽しみにしていた「紀伊国屋寄席」も休演になられて心配しておりました。
27日は何か気持ちがもやもやしてパスしたのですが。(師匠が拝見できないので)

師匠やおかみさんには本当によくして頂きました。
頂いた、手ぬぐい・千社札も宝にしております。

寂しいけれど、師匠のことを忘れずに、今後も落語を応援していきます。

「蜘蛛駕籠」「錦の袈裟」「長短」「柳田格之進」「井戸の茶碗」「ねずみ」「死神」あげればあげるほど
忘れられません。

本当にありがとう。 志ん五師匠!!!!!

4日のお通夜にはひっそりと伺わせてください。 安らかに・・・

与太郎で高座沸かせた志ん五節        合掌



もう、二度と「藤娘」の出囃子は聴けないと思っていました。
志ん八くんは、一番「キャラ」が五師匠に近いと思っていました。

是非、独自の「与太郎」を演じて頂きたいと思います。
9月の「真打披露」楽しみにしております。

sign.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/934-bf45ec80