以下、ウイキペディアより。

笠井 紀美子(かさい きみこ、1945年12月15日[1] - )は日本の宝飾デザイナー、元ジャズ歌手。アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ在住。夫は、リズム・アンド・ブルース歌手であったミニー・リパートンの元夫で、音楽プロデューサーのリチャード・ルドルフ(英語版)[2]。

日本の、ジャズボーカルでも特異な存在。そして、古き「JAZZ黄金時代」の名ボーカリストである。

そんな彼女の「油」のっていた時代のライブの「名盤」

無題

以下、ライナ―ノーツ

ソウルフルな歌声で70~80年代の日本ジャズ・ヴォーカル界を牽引した笠井紀美子が、ジョン・コルトレーンやアート・ブレイキーとの共演で知られる名ピアノ奏者シダー・ウォルトンを迎えて行なった新宿「ピットイン」ライヴ。ヴァン・モリソン作「ムーンダンス」、ノーマン・マップ作「ジャズ・エイント・ナッシン・バット・ソウル」を始めとするナンバーの数々を、グルーヴ感たっぷりに歌い綴る。

大好きな、シダ―・ウオルトントリオが伴奏。

1974年の12月22日から、新宿「ピットイン」でのライブ盤3部作の一枚。

ちなみに

22日が 本アルバム 紀美子  & シダ―・ウォルトントリオ
23日が シダ―・ウォルトントリオのライブ盤
24日が 渡辺貞夫 & シダ―・ウォルトントリオ  廃盤 (欲しいなあ)

22日の本作品

ダット・ディア
アイ・アム・ザ・ガール
ノー・ティアーズ(イン・ジ・エンド)
ミーニング・オブ・ザ・ブルース
イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー
サッド・ソング
アイ・ディドント・ノウ・ホワット・タイム・イット・ワズ
ムーンダンス
ラウンド・ミッドナイト
ジャズ・エイント・ナッシン・バット・ソウル

大好きなスタンダードナンバー
5・7・9

今。聴いても「新しさ」を感じることのできる「名盤」

ああ、やっぱりJAZZは最高です!!!

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/931-17ce5159