年末、たまたまみつけた一枚。

大好きなシダ―・ウォルトンのライブ盤。
このライブを村上春樹が「意味がなければスイングしない」(文春文庫)で書いている。
絶賛していますので、是非ご覧あれ。

新宿ピットインでの1974年のクリスマス23日に行われたライブ録音。(ピアノトリオ)

2日続けてのライブで、もう1日は渡辺貞夫が入ったカルテットでの演奏。(これは24日)
でも、ナベサダはもう「廃盤」です。35,000円します。ほしいなあ。買えないけど。



1. スイート・サンデイ

2. コン・アルマ

3. ウィザウト・ア・ソング

4. サントリー・ブルース

5. ラウンド・ミッドナイト

6. ファンタジー・イン“D"

7. ブリーカー・ストリートのテーマ

ちなみに、22日は笠井紀美子との共演でLP化してます。
「キミコ・イズ・ヒア」 これもライブ盤。

トリオのメンバーは

ピアノ シダ―・ウォルトン
ベース サム・ジョーンズ
ドラム ビリー・ヒギンズ

私は、それから、約10年後くらいの来日でバイトしていた
新宿はいから亭で、トリオのライブを聴いている。

その時は、ベースがデビット・ウイリアムズです。
よかったですよ。

是非、この笠井紀美子の伴奏とトリオのライブ聴くべし!!!

E382B7E38380E383BCE382A6E382A9E383ABE38388E383B320E38394E38383E3838820E382A4E383B3.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/928-e45d7e82