いやあ。この漫画。楽しいね。

あらすじ

単行本第1巻から第2巻に収録。舞台は昭和50年代頃。刑務所を満期出所した元チンピラの与太郎は、1年前に慰問で訪れた落語家の八代目有楽亭八雲演じる「死神」を聞いて感動し、出所後そのまま八雲が出演している寄席に押しかけて弟子入りを申し出る。内弟子をこれまで取っていなかった八雲だが、彼なりの考えで与太郎に付き人として行動を共にすることを許され、家では八雲の養女・小夏と出会う。彼女が語る、父・二代目有楽亭助六の芸風を気に入った与太郎は自らの芸に取り入れ精進するが、ある日八雲の独演会で舞台の袖で居眠りしてしまい、激怒した八雲に破門されてしまう。小夏立ち合いの下で必死に復帰を願い出る与太郎に対して八雲は「破門しない代わりに三つの約束を守ること」を彼に命じる。

現在、テレビで放映中ですが、TBSの深夜なので、録画して観てます。

以下、デイリースポーツより。

アニメの題材としては地味に思える「落語」を真正面から扱っている作品が話題となっている。雲田はるこ原作の「昭和元禄落語心中」で、現在は金曜深夜(土曜未明)にMBS、TBS系列で放送されている。落語や落語家がふんだんに登場するというだけではなく、担当声優が真剣に根多(原作ではこう表記される)を演じるのが従来の作品と一線を画しているところ。

毎週楽しみです!!!

comic_img01.png

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/891-a2721dec