桂米二師匠の落語会。

6月の繁昌亭の会に行けなかったので、今回の東京の会
楽しみにしておりました。

スペシャルトークゲストとして、茂山千之丞先生。
師匠が、狂言を習われている大先生です。

今回、国立能楽堂 研修能舞台ということで場所も楽しみでした。
早めに到着して、一番前に陣取りました(笑)

まずは、 二乗さん 「牛ほめ(普請ほめ)」
いつも思うのですが、本当に二乗さんの声はとおりますね。
これも、噺家としての武器ですよね。期待してますよ。
ちょうど、師匠がNIKKEINETで「牛ほめ」の噺を載せていてタイムリーでした。

師匠登場  「くしゃみ講釈」
生で師匠のこのネタを聴くのは初めてでした。
講釈師が、くしゃみを、だんだんしていく姿が最高でした。
鼻がだんだんと赤くなるところなど、すばらしい!!!
さすが、師匠です。 感心しました。

中入り後
千之丞先生との、「スペシャルトーク」
出囃子が、米朝師匠「三下り鞨鼓(三下りかっこ)」
もう、ここでしびれてしまいました。
千之丞先生も、出囃子出てきた経験は初めてとのこと(笑)

私は先生は、生で初めて拝見いたしましたがとにかくお若い!!!
やはり、相当努力をされているのでしょう。

お二人は、落語・狂言それぞれの立場での「間」のお話。
いやあ、さすがプロの語る話は、すごい!!!
説得力があり、なるほどとうなずいておりました。

トリは師匠 「遊山船」 
このネタも、まず東京で聴くことは少ないです。
師匠の生は初めてでしたし、以前ざこば師匠のを一回聴いたのみでした。

いかにも上方落語らしいネタですね。
船の姿が浮かんできて、ほほえんでしまいました。
私も、こんな遊びがしてみたいです(一生無理ですね)

こんな素敵な舞台で、落語を聴ける幸せに浸りました。
また、千之丞先生のお姿も見れ、今度は狂言もいってみたくなりました。

師匠ありがとうございます。
また、「たっぷりと!!!」

cdpic.jpg

MMWAjr000022062009_1_3_000jr.jpg




Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/88-272deb5f