よっしーのつぶやき

横浜ベイスターズのこと、落語のこと、大相撲のこと。JAZZのこと。

最後のクジラ――大洋ホエールズ・田代富雄の野球人生

最後のクジラ  田代富雄の野球人生  講談社

田代といえば、「オバQ」 の相性で親しまれた太洋ホエールズの選手であった。

今年は、楽天イーグルスで一軍の打撃コーチをしている。

本書は、「太洋ホエールズ」から、現「横浜DeNAベイスターズ」までの球団の変遷と
田代の苦悩が書かれている名著である。

昔の「太洋」は弱くても、「意地」がある、楽しいチームであった。
残念ながら「太洋漁業」の経営の流れから、チーム名が変わっていく「宿命」もあった。

しかし、大きな「転機」は ニッポン放送の経営権取得の予定が「ナベツネ」の横槍で
「TBS」への譲渡。そして、やる気のない、「TBS」がどんどん、チームを弱体化して
いく流れが、「鮮明」に描かれている。

私は、ベイを弱くした戦犯は「ナベツネ」といつも語っていたが、これほどこのことを
タイムリーに記してくれた「本」はない。

そして、一言。DeNAには、絶対「TBS」のような二の舞はしてほしくない。

ストーブリーグになり、相変わらず「フロント」と「選手」の意志疎通のなさが
新聞を賑わしているので、心配にならざるおえない。

なんとか、最下位を「脱出」して、光が見えてきたのだからね(苦笑)

tashiro.jpg

 < むかしや今松独演会 「名人長二」に挑戦!!! + 九州場所 番付発表!!! > 

コメント

セリーグの楽天たれ!

佐平次さんへ

来年こそ、Aクラスですよ!!(笑)

 初めまして、コメントさせていただきます。

 田代富雄と言えば、遠藤一彦や斎藤明夫、スーパーカートリオ(屋敷要・加藤博一・高木豊)とならぶ横浜大洋ホエールズの顔ですよね。

 あと大洋時代を知る現役選手は谷繁元信・斎藤隆・三浦大輔だけと言うのも時代の流れを感じます。

アジシオ次郎様

コメントありがとうございます。弱かったけど、楽しいチームでした。後はもう一度番長を胴上げしたいです!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/802-4d83932a

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30