よっしーのつぶやき

横浜ベイのこと、落語のこと、大相撲のこと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回京の噺家桂米二でございます@繁昌亭(8日)

8日は、上方落語で大好きな桂米二師匠の会。

でも、残念ながら伺えず。

そこで、大阪の「大衆芸能研究」の師匠しもさんに
レポートして頂きました。

(以下しもさんより)
お疲れ様です。

月曜日の繁昌亭のレポートです。

まずは、さん都君の「みかん屋」。
さん都君は、いい声をしています。
噺家らしい明るく、よく通る声をしています。
これは天賦の才能でしょう。
もう少し、語りに緩急をつければいいと思いますが、
若いうちは、目いっぱいに演じるのも修行でしょう。
とっても可愛らしいみかん屋さんでした。

で、次は米二師匠の「百年目」。
マクラは、米朝師匠が人間国宝をいただいた時のエピソードでした。
結構、マクラに時間を割いて語られていました。
「百年目」は、また米朝師匠とは違った、
いかにも米二師匠らしい「百年目」でした。
特に番頭さんが、人間臭さがあって、
ほのぼのとした雰囲気が広がっていました。
花見で、初めのうちは、気をつけて遊んでいるのに、
お酒が入ると、気分が大きくなって周りがわからなくところなど、
「そうやねんなあ」などと、妙な納得をしてしまいました。
まだまだ、米二師匠の「百年目」は進化していくでしょう。


中入り後は、すずめさんの「禍は下」
東京では権助魚でしたか。
すずめさん、さずがに上方の芸人さんの娘ですね。
大阪弁が、ほんとうに昔のいい感じの大阪弁です。
あんな心地よい大阪弁を聞くのは、久しぶりです。
で、噺が終わった後、
踊りを披露してくれました。
小さい時から、踊りを習われている方ですので、
腰の入り方、動きのなめらかさ、
あれぞ、寄席の踊りなんでしょうね。
感動しました。


最後が、米二師匠の「代書」。
師匠独特のくすぐりも入っていて、
それはそれは、おもしろい「代書」です。
で、終わってから考えてみたのですが、
師匠の「代書」は、
代書屋さんの人間性に特徴があると思いました。
最初、ちょっと抜けた男との会話の場面では、
代書屋さは、常識人としての性格を色濃く見せますが、
次に登場するご隠居やおなごしさんの場合は、
相手によって、代書屋さんの性格が変化します。
変化するというか、別の人間性が現れるといったほうがいいでしょう。
この変化することろが、
大変おもしろく思いました。

さすがに、米二師匠です。
月曜日は、大変楽しい落語会でした。

top_pic.jpg

Comment

 

志ん五さんネタ載せました。横浜今日も苦戦のようです。
  • posted by だん五 
  • URL 
  • 2009.06/11 20:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

だん五さん。
あなたも、落語詳しくなりましたね。
たいした、たまげた(笑)
  • posted by 創塁パパ 
  • URL 
  • 2009.06/11 23:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

創塁パパ

Author:創塁パパ
落語大好き(特に柳亭市馬・古今亭志ん五・桂米二・古今亭志ん朝)
大相撲大好き(特に舛ノ山と栃の山そして常盤山親方)
JAZZ大好き(特にクリフォード・ブラウン・レッド・ガーランド・アート・ペッパー・シダ―・ウォルトン)
戦国武将大好き(特に大谷吉継・石田三成・直江兼続など西軍好き)
横浜DeNAベイスターズの大ファン!!!
創塁(つくる)パパです。
9歳。小学校3年生
やんちゃ坊主の父です。
マニアックさは
誰にも負けません(笑)

最新記事

にほんブログ゙村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。