このところ、仕事の忙しさに負けて、なかなか行けない落語会。

でも、何とか時間を創って2つの会へ
まずは、ひとつ目。


6月15日(土) 京の噺家桂米二でございます 深川江戸試料館
久しぶりの米二師匠の会。

「狸の賽」 桂 團治郎

初めて聴いた。米團治師のお弟子さん。長身でなかなかハンサム。
声もいいし、これからが楽しみ。

「ろくろ首」 桂 米二

正直あまり好きな噺ではないが、米二師匠がやると「ほっとして」 聴ける。
やはり、人柄、そして品の良さではないだろうか。

「書割盗人」 桂 米左

丁寧な語り口だが、ややくどい。少し眠くなってしまった。
他の「演目」は違うのかもしれない。また聴いてみよう(笑)

「貧乏花見」 桂 米二

何度か聴いているが、「長屋の花見」とは違った町民中心の目線からの噺で
「上方」らしくて好きだ。 何事も「楽しんでしまおう」という「上方」の
ノリって私は大好きだ。


中入り

「寝床」  桂米二

何度も、聴いている師匠の「寝床」
でも、毎回進化をしているんだよなあ。

初めて聴いた時の、丁稚が「皿」を割って「謹慎」しているにはぶっとんで
大爆笑でしたからねえ。

以前、3つくらい「オリジナル」を入れていると伺ったことがあるが、どんどん
増えている感じがする。

やっぱり、「上方落語」はいいなあ。

久しぶりの「居残り会」は少し歩いて森下の「山利喜」へ。
私は初めてだったが、うまいのなんの。
「煮込み」は、芸術品。 「フランス料理」ですよね!!(笑)

SさんKさん。ありがとう!!! よっしーより。


181210_380105115428887_1814654190_n.jpg



Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/788-2c0593ae