よっしーのつぶやき

横浜ベイスターズのこと、落語のこと、大相撲のこと。JAZZのこと。

やっぱり上方落語は最高やなあ!!(笑)

このところ、仕事の忙しさに負けて、なかなか行けない落語会。

でも、何とか時間を創って2つの会へ
まずは、ひとつ目。


6月15日(土) 京の噺家桂米二でございます 深川江戸試料館
久しぶりの米二師匠の会。

「狸の賽」 桂 團治郎

初めて聴いた。米團治師のお弟子さん。長身でなかなかハンサム。
声もいいし、これからが楽しみ。

「ろくろ首」 桂 米二

正直あまり好きな噺ではないが、米二師匠がやると「ほっとして」 聴ける。
やはり、人柄、そして品の良さではないだろうか。

「書割盗人」 桂 米左

丁寧な語り口だが、ややくどい。少し眠くなってしまった。
他の「演目」は違うのかもしれない。また聴いてみよう(笑)

「貧乏花見」 桂 米二

何度か聴いているが、「長屋の花見」とは違った町民中心の目線からの噺で
「上方」らしくて好きだ。 何事も「楽しんでしまおう」という「上方」の
ノリって私は大好きだ。


中入り

「寝床」  桂米二

何度も、聴いている師匠の「寝床」
でも、毎回進化をしているんだよなあ。

初めて聴いた時の、丁稚が「皿」を割って「謹慎」しているにはぶっとんで
大爆笑でしたからねえ。

以前、3つくらい「オリジナル」を入れていると伺ったことがあるが、どんどん
増えている感じがする。

やっぱり、「上方落語」はいいなあ。

久しぶりの「居残り会」は少し歩いて森下の「山利喜」へ。
私は初めてだったが、うまいのなんの。
「煮込み」は、芸術品。 「フランス料理」ですよね!!(笑)

SさんKさん。ありがとう!!! よっしーより。


181210_380105115428887_1814654190_n.jpg



 < 三田落語会 柳家さん喬 露の新治   新治にぞっこんです!! + 栃の山 断髪式 18年間の土俵人生にあっぱれ!! > 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

山利喜も球磨川も知らない店も、好い落語のあとはみんないい!

佐平次さんへ

今日もうらやましいです(笑)

おっ、久し振りの落語ネタ^^

深川→森下、やみつきになるよね!

幸兵衛さんへ

まさに、やみつきですよね(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/788-2c0593ae

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30