情けない限りの、ていたらく。

もともと、落語ネタで立ち上げたブログですが、忙しさにかこつけて
「相撲」ネタでごまかしていました。

まだまだ、大したネタは書けませんが、久しぶりの「落語」のネタ。

目白庭園での、小満んおさらい会。
初めて、参上しました。

小満んは二席

「大神宮の女郎買い」
初めて聴きました。
昔は、「盲小せん」の十八番だったのですね。
こういう「噺」に出会えるのは小満ん師匠ならでは。
堪能いたしました。

小三治 「千早振る」
久しぶりの小三治。
この人のすごさは、どんな「古典」でも小三治ワールドにできること。
一言で言うと、「味わい」が違うのです。

小満ん 「富久」

まくらで、「お座敷」にかかった先代文楽の話から。
確かに、今はこういう「粋」な「お座敷」のはからいはないよね。

「さいさい、さいこらさ、さいさい」
この掛け声に、「黒門町」のことを思い出して「うるうる」になってしまうのです。

目白庭園は以下の素敵な場所であり、先代小さんの地元であります。

(以下)

豊島区の都市化、国際化が進む中で、より潤いのある街づくりの一環として建設されたのが豊島区立目白庭園です。
目白庭園は、池泉回遊式の庭園で、池の周囲をめぐることができます。
庭園内には、雑誌「赤い鳥」を由来にした木造瓦葺平屋建ての数寄建築の「赤鳥庵」や、六角浮き見堂が配されています。
庭園内には四季折々の様々な自然の表情を満喫できるよう草木が配植されています。
都会の喧騒の一角に造られた貴重な空間です。
是非日本の伝統文化を身近に感じることができる目白庭園にお越しください。


406684_309223609183705_672305695_n.jpg

庭園が夜で、写せずご容赦を(苦笑)

「居残り会」は、渋谷の「三魚洞」で。
故石橋エーターロー大先輩のお店です。(暁星の大先輩)

ぶり大根が、「人気」のお店。でもその他の「肴」も美味。

今年は、桜井センリ先輩もなくなり、犬塚弘先輩のみになってしまった
「クレイジー」 是非、犬塚先輩は、お元気で長生きを。

大したことは書けませんでしたが、久しぶりの「落語ネタ」の復活であります(笑)

68144_309279059178160_1787435667_n.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/747-1203d6f9