ようやく、6連敗で「脱出」

この男の「存在」がなくして、「貧打線」の「改善」はありえない。
あまりの打てなさに、「プロ野球」の冠を取ってほしいと激怒していたが
この人の打撃を「見る」だけでも「価値」がある。

筒香。ものがちがうよね。

(以下サンスポ)

三回無死一塁で今季初安打となる右前打を放って一、三塁と好機を広げ、中村の先制打を呼び込んだ。五回にも左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、3打数2安打。「出場して、結果を出し、新しい空気を吹き込んでくれた。ものすごくチームに勢いをつけてくれた」と20歳の強打者に賛辞をおくった指揮官。ヤクルト・宮本の2000安打達成も阻止し「“慎也、地元(神宮)でやってちょうだい”とお願いしていました」と素直な気持ちも明かした。

 「打ててほっとしています。ベンチの雰囲気はいいです。足も問題はありません」

 “主役”の筒香は控えめに喜んだ。チーム25試合目にして今季初出場し、勝利をもたらした。若き大砲の復帰で本当に打線が変わったかどうかは4日、首位中日との一戦で試される


消極的な「打線」の中で、彼の「フルスイング」は本当に気持ちがいい。
昨日も、軽く「合わせた」打球で、レフトのフェンスを直撃していたしね。

常時出場できれば、間違いなく「30本」は打てるバッターである。

これからは、「筒香」の「バッティング」を楽しみに観戦していきたいものだ。

勝ち負けは、「別」にね(苦笑) 所詮ベイだからね。


(写真はデイリースポーツ)

20120504-00000006-dal-000-thumb.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/705-ef9138b3