さてさて、我「大相撲」の5月場所新番付が発表された。

(以下、サンスポ)

日本相撲協会は23日、大相撲夏場所(5月6日初日・両国国技館)の新番付を発表し、鶴竜がモンゴル出身力士で4人目の新大関となって西に座り、大関が史上最多の6人になった。外国出身者が大関以上に5人、大関に4人は、ともに史上初。昨年5月は八百長問題で技量審査場所として実施され、興行としての夏場所は2年ぶりの開催。
 一人横綱13場所目の白鵬は2場所連続23度目の優勝を目指す。大関陣の東の正位は日馬富士で、綱とりが振り出しに戻った把瑠都が西。ともに春場所で9勝だった日本人大関は稀勢の里が東、琴奨菊が西と分かれた。
 関脇は東の豊ノ島が2場所ぶりに復帰。西の豪栄道は17場所ぶりに返り咲いた。関脇経験者が十両以下に転落した後に戻るのは昭和以降4人目。東小結豊真将は3場所ぶりの復帰で、関脇から転落の安美錦は12場所ぶりに小結となった。
 新入幕は2人。元学生横綱の千代大龍は日体大出身として5人目、皇風は早大出身として1935年夏場所の笠置山以来77年ぶり2人目の新入幕。魁聖は2場所ぶりに幕内へ復帰した。

入幕力士としては、今場所で部屋がなくなる「大島部屋」の旭日松が入幕できないのは意外であった。
以下、日刊スポーツの記事もあったしね。

(以下日刊スポーツ)
夏場所(5月6日初日、両国国技館)で新入幕が濃厚な十両旭日松15 件(あさひしょう=22)が、24日に定年を迎える大島親方への恩返しプランを10日、明かした。番付発表が定年前日の23日。新入幕なら会見も設定される。23日にはすでに、移籍先の友綱部屋で稽古を行っている予定だが、旭日松15 件は「友綱親方のOKが出てからだけど、ぜひ大島部屋でやりたい。数々の会見をしてきた大島親方も最後の会見になるだろうし、親方を泣かせて締める」と語った。友綱親方も「会見は大島部屋でやることになるだろう」と後押しした。

その流れか、落ちる可能性のあった4力士は幕内残留となった。


朝赤龍(東前11枚目)5勝10敗 →東前14枚目

千代の国(東前8枚目)3勝10敗2休→ 西前14枚目

富士東(西前12枚目) 5勝10敗 → 東前15枚目

宝富士(東前14枚目) 6勝9敗 →東前16枚目 西は空位

審判部長が、鏡山親方に変わったので、それなりの「色」が出たのだろう。

しかし甘くないかな???

一方、幕下で「贔屓」にしている「栃の山」は西幕下41枚目で2勝5敗が
三段目西4枚目に。

もちろん、全体的に他の力士も、「落ち具合」は同じ。
やはり、幕下以下は、7番なので、特に「一番」の重みは大きいとは思うが。

我、応援する 「千賀ノ浦部屋」は

舛ノ山が、東十両7枚目から西十両筆頭に。(先場所は10勝5敗)
今場所は、「再入幕」のチャンスである。
また、斎心は、東幕下14枚目。(先場所は西幕下9枚目で3勝4敗)
舛ノ勝は東幕下60枚目に。(先場所は西三段目10枚目で4勝3敗)

やはり、一勝の「重み」は大きいよね。

今場所も、是非「千賀ノ浦部屋」の「好成績」を期待して応援したいね!!!


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/700-5381f865