新生、DeNAベイスターズの開幕戦。

相手は、「阪神」
今年の、一年を戦う上で、相手としてはいい対戦になった。

結果は、延長戦(10回)5-5の引き分け。

9回に「藤川」を打って追いつき、10回に足を使って勝ち越し。
しかし、「守護神」の山口が、10回に同点にされ引き分け。

勝てた試合であった。しかし、戦い方はまさに「変革」のベイを感じさせた。

以下、ポイント感想 10

①高崎の好投と次回への期待をこめて「もっと粘れ」
②石川の足が貢献、しかし「守備」での雑なプレーは課題
③森本の好打、好守「復活」の予感(笑)
④さすが、ラミちゃん。「勝負強い」ね
⑤ノリ(中村)、さすが「4番」知り尽くしている「活躍」
⑥山口「痛恨」の救援失敗。でも「くよくよするな」コントロールが課題
⑦小池、梶谷、荒波。黒羽根など新スタメンメンバーも活躍
⑧ハミルトン、大原慎。中継ぎの踏ん張り
⑨「せこいぜ野球」の浸透と課題 まだまだ雑さはある(高崎のバント失敗)

そして、何と言っても
⑩中畑監督の「明るさ」、「プラス志向」

これに、尽きるね!!!

開幕戦。「引き分け」であったが、一年間戦う上での、「方向性」が充分に
示されていて、「ベイ党」としては納得がいく「試合」であった。

がんばれ、中畑DeNAベイスターズ!!!


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/681-c4f7795d