西十両7枚目。わが舛ノ山が、12日目に勝ち越した。

感慨無量である。

思えば、昨年の秋場所の新入幕4日目、私は目の前で観戦していた。
立ち合い、栃乃若とあたって、そこで靱帯を損傷した。
もちろん、その後は休場で十両に落ちた(十両2枚目に)

九州場所は、本来なら「休場」の流れなのにがんばり、7勝8敗。
なんと、7勝5敗で、後一番で勝ち越しというところまで来ていた。
相撲の「奥の深さ」である。怪我をしていたら「工夫」が生まれるのだよね。

でも、九州場所の「無理」がたたって、栃乃洋との一番でまた足首を悪化させたらしい。

案の定、初場所は、場所前まで、ほとんど、三段目程度との稽古しかできずに
十両3枚目で6勝9敗。

初場所の「千秋楽」のパーティで一緒に話をしたら、まだ出足に不安があると
言っていたよね。

今場所も、2連敗のスタートで、どうなることかと思っていたが、4連勝。
その後、連敗したが、また4連勝。
波があったとはいえ、「相撲内容」はよくなってきていたから期待はしていました。

まあ、完璧とは言えないが、前に出ている限り「足」の心配はなさそう。
でも、下がるとまだまだかもしれないけれど、とにかくここ2場所と比べれば
いい状態にもどったと思う。

大阪出張の折、本人とも会うことができて「激励」も出来たしね。

今日で、8勝4敗。

まあ、無理することはないけれど、地力があるので、まずは2ケタを目指して
来場所の「再入幕取り」の布石にして欲しい!!!

がんばれ、舛ノ山 大晴 !!!!!


masu201109-3.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/677-fc523c48