中日ドラゴンズが、セリーグを制覇した。

落合采配に「賛否両論」はあるが、最大10ゲームをを
ひっくりかえした、落合監督の采配は大したものだ。


以下、デイリースポーツの記事

連覇の原動力となった事件がある。ナゴヤドームで行われた9月6日の巨人戦。3対5で敗れた試合後の関係者通路。坂井球団社長が、なんとガッツポーズを繰り出した。複数の球団関係者がその光景を目にし、すぐさまチーム内に広まった。

 「ウチがひとつにまとまったのは、あのガッツポーズからだよ」と落合監督。アンチ落合の急先鋒。敗北=落合の汚点。喜ぶ心情は理解できる。だが、球団社長という立場にあるまじき禁断のポーズは、フロント不信を招くと同時に、選手の反骨心を呼んだ。

 ある主力選手が言う。「あり得ないっす。監督のことを嫌いなのは構わない。人間ですから。ただ、試合をやってるのは、僕たち選手なんですよ。ガッツポーズなんて考えられない。選手をバカにしてるのと一緒ですよ」。荒ぶる心。ぶつける場所のない怒り。すべてを戦場でパワーに変えた。


これはないよね。いかに「落合嫌い」でもこの対応は???


そして、以下がネットで写真とともに話題に

握手してるのは落合をずっと支持してた白井オーナー
握手拒否は「客こねーから落合解任」の立役者坂井球団社長

写真に載せられないので以上説明だけ。
関連URLが以下

痛いニュース

そして、ドラファンのKさんから以下メール

こちらは今お家騒動、社長解任カウントダウン、大変なことになってきましたよ。 ドアラ

いやはや、もうひと波乱ありそうだ。
しかし、落合監督は「なかなかの策士」である。


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/630-c2a33990