恒例の、大相撲観戦。

四日目に、友人と正面椅子席のA。二列目でよく見えた。

お目当ては、もちろん舛ノ山。
栃乃若との一番。

しかし、神様の「いたずら」か?
まさかの、怪我。

(以下産経新聞画像)

mrt11091420570007-s3.jpg

きのうの千賀ノ浦親方の解説によると

立ち合いあたって、「ぼきっ」と音がしたようだ。
たぶん、膝が入ったのではなかろうか。

左足首の外足を痛めたらしい。
幸い、骨や内足には異常はないらしい。

残念無念。
でも、あせらずに「直すこと」

まだまだ、先は長い。
なんせ20歳なんだから。

親方、ここは「我慢のしどころ」です。
無理はさせないでください。

「大相撲」の大事な「宝」なのですから。

舛



Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/611-35027ba7