ブログの更新が遅くなってしまったが、7月末に以下の落語会に。

桂 米朝展 「米朝特選落語会」

パンフより 一筆啓上
この度、私の来し方の一端を見ていただく展覧会が開かれ
それを記念する落語会まで催される運びとなったそうで・・・。

<米朝特選落語会>

桂 ちょうば 「時うどん」

マクラで
ちょうは「米朝」のちょう ばは「ざこば」のば
人間国宝と「重要参考人」の名前の取り合わせなんてね(笑)

桂宗助 「禍は下」
東京では「権助魚」
宗助さんは、米朝「最後」の直弟子。でも米がついていないのは
弟子が多くて、最後の方はつける「名前」がなくなってきたんだね。

柳亭市馬 「片棒」
先代の小さんと米朝は東京でも二人会をするなど「交遊」を深めて
いた。市馬もそばで二人を見て勉強していたんだね。

本編、市馬得意の「噺」
松・竹・梅の三兄弟の演じわけは秀逸。
見ものは、竹の部の『木遣り』です。
赤い筋の入った長襦袢に扇子をもって"エンヤーラ"いいですねえ。
「てこ舞」や「山車」もでてきて、明るい市馬ワールドがてんこ盛り。
ようござんした。

桂南光 「素人浄瑠璃」
マクラで「べかこ」と言う「名前」を米朝からつけてもらったこと。
米朝に「お茶屋」遊びに連れていかれると「合計200歳」の芸者が
出てくること。そして、米朝の「義太夫」に付き合わされること(笑)

本編は南光は好きな「噺」でよく私も聴いている。
南光の「明るさ」が出ていて楽しい高座。旦那の「奇声」がめちゃくちゃに
おかしい(笑)

中入

「米朝よもやま噺」
ABCラジオでの「番組名」です。司会はABCの市川寿憲プロデューサー

桂米朝

やなぎ句会メンバー
永六輔
大西信行
小沢昭一
加藤武
矢野誠一

残念ながら、入船亭扇橋・柳家小三治は協会の寄合で不参加。

米朝との出会いの話。そして「正岡蓉」との話。
「句会」のこと。

全然まとまりがないのだけど、みんなの会話が楽しい

永さんの「おちゃめさ」 大西さんの「物覚えのよさ」
小沢さんの「おとぼけ」 加藤さんの「ひょうひょうさ」
矢野さんの「緻密さ」

そして、米朝師匠、まだまだお元気な様子で「ほっと」しました。
実は、「生」の「米朝」は初めてでした。

お客さんもとても楽しそう。こういう会を催してくれた喜びを
感じずにはいられない。

大変、ようござんしたよ。

masaoka.jpg



Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/590-8ab93357