(以下、産経新聞)

 京都市内で16日に行われる「京都五山送り火」の一つ「大文字」で、東日本大震災の津波で流された岩手県陸前高田市の松で作った護摩木を燃やす計画が中止された問題で、五山の各保存会でつくる京都五山送り火連合会が、現地から持ち込む別の護摩木を送り火で燃やすことを決めたことが10日、分かった。

 今回の中止に批判が殺到したため、京都市がボランティア団体を介して現地の松で作った新たな護摩木約500本の調達を決め、連合会に受け入れを要請。五山のうち「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」の各保存会が9日、受け入れを決めた。

なんか、「批判」されたから的な、感じで納得いかないね!!!

市田さんのコメント(以下)

京都市在住の服飾評論家、市田ひろみさんの話「批判を受けて、とりあえずけじめをつけたようにしか見えない。被災地に対して失礼だ。こうなるなら、最初から広い心で受け入れるべきだった」

まったく、その通り。
市長は、保存会に「要請」があったらしい。
こう言う言い方はよくないけど「京都的」な形で「問題解決」を図ろうという
姿勢には、疑問符がつくよね!!!

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/587-9c31b712