(以下、サンスポより)

【ニューヨーク4日(日本時間5日)】米大リーグ、アスレチックスの松井秀喜外野手(37)が、古巣ヤンキースに“助っ人”として呼び戻される可能性が出てきた。ヤ軍は故障者リスト入りしている主砲のアレックス・ロドリゲス内野手(36)に違法賭博疑惑が浮上。出場停止処分や終盤の優勝争いに備え、強打者の緊急トレードを検討していることが分かった。後半戦絶好調で大舞台に強いゴジラが有力候補だ。

何と言う、「サプライズ」
しかし、「裏」には以下の事情がある。

(サンスポ)
ヤ軍が突然、強打者の補強に動いたのは、主砲Aロッドのスキャンダルがきっかけだ。7月に右ひざを手術。故障者リスト入りしてリハビリ中だが、違法賭博に参加した疑いを報じられたのだ。Aロッドの違法賭博に関するスキャンダルは2005年や09年にも起きており、規律を重んじる球団幹部からは「ヤ軍にふさわしくない」という声も上がっている。前日には大リーグ機構が事情聴取する方針を打ち出し、けがから復帰しても出場停止処分を受ける可能性が出てきた。

問題が多い、Aロッドに、「嫌気がさしている」と言う現状がある。
そして、松井は、「人間性」でもヤンキースナインに今でも「評価」
をされている。

後半戦の打率・478は堂々の30球団トップ。
もしかしたら、松井の「ヤンキース」への再度の「リベンジ(笑)」
があるかもよ?

待ってろよ!!!「ジラルディ監督」
もう一度、松井の「存在感」を知らしめてあげるよ!!!

425873_c185.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/581-cf49d627