以下、読売新聞より

埼玉県知事選は31日、投開票され、現職の上田清司氏(63)(無)が、元県労連議長の原冨悟氏(63)(無=共産党推薦)と、元高校教諭の武田信弘氏(57)(無)の2新人を破り、3選を果たした。

 投票率は24・89%(前回27・67%)で、1981年に行われた千葉県知事選の25・38%を下回り、全国の知事選で過去最低となった。

 埼玉県知事選では、民主、自民、公明各党の県組織が相乗りで上田氏を支援。脱原発などを主張する共産系新人らを圧倒した。

しかし、「無風選挙」とは言え、「史上最低の投票率とは」
ひどいもんだよ。

私は、「選挙」は「スルー」しないのだが、今回は「行かなくても」
という気持ちになってしまった。

上田氏自体は、「民主議員」時代から、「評価」をしていたので
まあ入れたけどね・・・・・

政治に対する「関心度」がどんどん落ちてきているようだ。
だって、私は「相当」に関心ある「部類」だったのにね・・・・・

情けないことである。

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/580-4e4ae257