大相撲名古屋場所、13日目。

東十両一枚目の、わが舛ノ山は 剣武との三敗対決を制して
10勝3敗とした。 七連勝である。

平成生まれの関取として、十両四場所目

平成22年11月 西十11 6勝9敗
平成23年1月 西十14 8勝5敗2休
平成23年5月 東十9 9勝6敗
平成23年7月 東十1 10勝3敗

初めての場所は「緊張」の場所で負け越し。
二場所目以降は

(以下ウィキペディアより)
6日目の朝稽古中に土俵で申し合いを行っていた力士と接触。右足関節外側靱帯損傷を負ったが強行出場し垣添に勝って6連勝とした。中日の大道戦で悪化させ9日目と10日目の2日間休場(9日目は不戦敗)したのち11日目に再出場。玉乃島に勝って勝ち越したが、13日目の栃乃若戦で悪化させ、千秋楽まで再休場した。(14日目は不戦敗、8勝5敗2休) 3月場所の中止を挟んでの5月技量審査場所は、初場所で1点だけの勝ち越しながら5枚上がって9枚目と自己最高位を更新。(本場所ではなく技量審査場所のため、番付ではなく順席)9勝6敗と好成績だった。

十両昇進後も「山あり谷あり」の「土俵」
技量審査場所も「足」の怪我をおして「出場」で勝ち越し。
でも、「着実」に前に「進んで」いたよね。

そして、今日は七連勝で、初めての「二桁勝利」

おめでとう。後、二日。是非、がんばって「十両優勝」と「新入幕」の
2つを、勝ちとって欲しいよね。

がんばれ、 舛ノ山!!!

おれが、ついてるぜ!!!!!(笑)


180px-Masunoyama_2011_Jan.jpg


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/572-42a0f087