日本経済新聞 7月21日朝刊 「春秋」より一部抜粋


「産んでくれてありがとう。感謝してます」
母の日に、短いメールが澤さんからお母さんへ。

決して、「多弁」ではない。
菅総理への助言を聞かれても「ないです」
まあ、質問も質問だが、「眼中」にないのだろう。

北京五輪で、「苦しい時は私の背中をみなさい」と
後輩への声の掛け方。多くを語らなくてもついてくる。

引退した、魁皇。
照れ屋さんで、言葉が少ない人である。
でも、稽古が大好きで、進んで若手に「胸」を貸した。
故障を抱えながらも。

企業のお偉いさんや政治の面々を思い「?」と思うことが
多いことだろう。

「軽い言葉」ばかりが飛び交わっている。
思いつきでは「組織」や「国」は動かない。

よくもまあ、こんなに「責任のない」ふわふわと軽い言葉ばかり
なのだろうか?

これでは「民衆」はついていかない。
どうして、こんな「日本」になったのかね・・・・・


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/571-0da5edcd