よっしーのつぶやき

横浜ベイのこと、落語のこと、大相撲のこと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の芸人 千夜一夜  文春新書  矢野誠一

※すいません、なか見は検索できません(笑)

41iKRfm7SdL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_

久しぶりに、楽しい本に出会えた。
まえがきで、「芸人」と「芸能人」の違いについて述べている。

芸能人という言葉は昔なかった。戦時体制下で出来た言葉だ。
もともと、芸人は河原者と差別されていた時代のコンプレックスを
エネルギーに転化させてきたが、芸能人と言う「呼称」を得て
かえって、輝きを生み出すエネルギーを失ってしまったのが
惜しまれてならないと。

しかりである。今の「芸能人」の「芸」のなさ・・・

いまや往時となった昭和は芸人が芸人らしく生きることの許された
最後の時代でななかったか。

この本は、「昭和の芸人たちのちょいといい話」を垣間見ること
ができる名著である。

寄席芸人が一杯出てくるのも楽しい。
是非、「大衆芸能」ファンに読んで頂きたい本である。

主な章の紹介芸人

1章 「与太郎から出たまこと」 二代目 廣澤虎造
2章 「租忽の記者」 四代目  三遊亭圓馬
3章 「長生きも芸のうち」  岡本文彌
4章 「俺のことなら放っといて」 中村伸郎
5章 「ハムツイタ、デモヤクハナイ」 須賀不二男
6章 「泣く子と売れっ子には勝てず」 トニー谷
7章 「酒の悪口だけは言わないでくれ」 春風亭梅橋
8章 「寅さんの旅路」 渥美清


Comment

 

読んだことがあるようなないような。
読んでるそばから忘れてしまいます。
面白そうだからきっと読んでると思う^^。
  • posted by 佐平次 
  • URL 
  • 2011.07/11 09:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

佐平次様。新書版は2011年5月刊です。
おもしろかったです(笑)
  • posted by 創塁パパ 
  • URL 
  • 2011.07/11 13:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

創塁パパ

Author:創塁パパ
落語大好き(特に柳亭市馬・古今亭志ん五・桂米二・古今亭志ん朝)
大相撲大好き(特に舛ノ山と栃の山そして常盤山親方)
JAZZ大好き(特にクリフォード・ブラウン・レッド・ガーランド・アート・ペッパー・シダ―・ウォルトン)
戦国武将大好き(特に大谷吉継・石田三成・直江兼続など西軍好き)
横浜DeNAベイスターズの大ファン!!!
創塁(つくる)パパです。
9歳。小学校3年生
やんちゃ坊主の父です。
マニアックさは
誰にも負けません(笑)

最新記事

にほんブログ゙村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。