柳家喬太郎 柳家三三 昔昔亭桃太郎 の三人会

桂宮治 「元犬」

以前、「らくだ亭」で初めて聴いたが、前座として「最高」の
仕事をしてくれる噺家さんです。さすが、伸治師のお弟子さん。
「料簡」がいいよね。「場」が温まります。

昔昔亭桃太郎 「ぜんざい公社」

マクラで、芸術協会と「円楽党」との合流話がなくなったと(笑)
まあ、詳細は書かないが、やはり「円生」からの「芸協」との
「因縁」もあるし。本当に「円生」の人望のなさがわかるよね。

本編、「きゅっきゅっきゅー、きゅっきゅっきゅー」「ブンガチャカ、ブンガチャカ」
が出てきて、相変わらずの桃太郎節。
しょっちゅう聴くのはつらいけど、たまに「無性」に聴きたくなるよね。
ああ、おかしかった。

柳家三三 「鮑のし」

出だし、「加賀の千代」かと思ったが、いやいや「鮑のし」
当日の、話題は「○○元大臣」で噺に「B型の九州人」が出てきて
会場が「わんやわんや」の大喝采!!!

三三さんの「強いおかみさん」と「弱いご主人」の噺って大好きなの
ですよ。すごくテンポもいいし、なんか「愛」を感じるんだよね。

柳家喬太郎 「宮戸川」

ちょうど、この日は夕方「ひと雨」あって、雷が「ごろごろ」の世界。
もしかしたらと、期待していたら「宮戸川」

なかなか、「寄席」では、最後まで聴けないし、喬太郎師の「古典」も出会えない
ことも多いし、うれしかった。

後半の、舟に乗り合わせた男(ならず者)の「殺し」の「狂気的」な
演じ方に、さすがの喬太郎師の「演出」のうまさを感じる。
やっぱり、喬太郎師の「古典」がもっと、聴きたいよね。

お仲入り

さんざんみなさん噺を語った後の三人トークショー。
この、「不思議な構成」もまた楽し。

内容は、過激すぎてあまり書けない(苦笑)
ほとんど、桃太郎師がらみだけどねえ・・・

円楽党合流不可の話
笑点の話
小三治の話
両協会の話(落語協会・芸術協会)
円生の話

などなど、でも書けないのです(笑)

司会の三三さん。「御苦労さまでした」

外へ出ると、「雨」はみごとにやんでおり。
池袋へ3人で「反省会」に急いだのでした。


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/556-eaaa80be