よっしーのつぶやき

横浜ベイのこと、落語のこと、大相撲のこと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コルトレーン ジャズの殉教者 (岩波新書)

コルトレーン研究家の第一人者 藤岡靖洋さんの新書

41q0vBCzobL__SL500_AA300_.jpg

大阪の知人に教えて頂き購入した。
いろいろな「コルトレーン」の評伝はあるかもしれないが
これほど、「人間 コルトレーン」について深く触れられている本はないと思う。

著者である、藤岡さんの「コルトレーン」への愛が満ち溢れている。
まずは、「情報」のすごさに驚かされる。
誕生から、最後まで。克明に「コルトレーン」が描かれている。
時には、現地まで行って、現在生存している「コルトレーン」の親族にも会ったそうだ。

そして、「コルトレーン」の音楽が「神」へと近づいていく流れや
黒人として「人種差別」と言う「問題」に対して、彼が音楽の中で
「どう向き合っていったか」も。

時には、自分のやりたくない「コマーシャリズム的」な音楽も「お金」の
ため、「自分の表現したいもの」のために妥協したり
家族への「愛情」 そして「愛した女性」の話まで。

「怒涛のスケジュール」の日本ツアーの後、彼は体調を崩して「天」に召される。

「コルトレーン ジャズの殉教者」 大変な名著である。
藤岡靖洋さんに 「あっぱれ!!!」

(以下、ウィキぺディアより)

ジョン・コルトレーン(John Coltrane、1926年9月23日 - 1967年7月17日)は、アメリカノースカロライナ州生まれのモダンジャズのサックス奏者。主にテナー・サックスを演奏したが、活動最初期はアルト・サックス、1960年代よりソプラノ・サックス、最晩年にはフルートの演奏も残している。活動時期は、1950年代のハード・バップの黄金時代から1960年代のモード・ジャズの時代、さらにフリー・ジャズの時代に渡り、それぞれの時代に大きな足跡「ジャイアントステップ」を残した。


Comment

 

コルトレーンか、あっしには語る資格ないけど、好きなのは「ブルートレイン」「ソウルトレイン」「マイフェイバリットシングス」、そして「バラード」あたりでしょうか。
「ジャイアントステップ」は、どうも駄目でした。「至上の愛」・・・・・・。
ロリンズのほうが好きですが、この本は読みたくなりました。
  • posted by 小言幸兵衛 
  • URL 
  • 2011.07/04 21:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ロリンズとは、本当にいい関係であったみたいです。本に書いてありました(笑)
  • posted by 創塁パパ 
  • URL 
  • 2011.07/05 07:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

創塁パパ

Author:創塁パパ
落語大好き(特に柳亭市馬・古今亭志ん五・桂米二・古今亭志ん朝)
大相撲大好き(特に舛ノ山と栃の山そして常盤山親方)
JAZZ大好き(特にクリフォード・ブラウン・レッド・ガーランド・アート・ペッパー・シダ―・ウォルトン)
戦国武将大好き(特に大谷吉継・石田三成・直江兼続など西軍好き)
横浜DeNAベイスターズの大ファン!!!
創塁(つくる)パパです。
9歳。小学校3年生
やんちゃ坊主の父です。
マニアックさは
誰にも負けません(笑)

最新記事

にほんブログ゙村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。