菅内閣不信任案が、なんと否決された。

マスコミの「報道」も当てにならないもので、「可決」が流れであったはず。

ところが、ここで「鳩山星人」が登場して

(以下読売)
「復興基本法を速やかに成立させ、二次補正予算のめどがついた段階で、身を捨てて頂きたいと述べた。そのことに対して、菅首相から(一定のめどがついた段階で辞任するという)先ほどの発言があった。これは菅総理と鳩山との合意だ」と述べた。

この流れで、午後の「民主党代議士会」は「否決」の流れへ怒涛のごとく動いた。

ポイントは自分が「作った」党を壊したくないという「鳩山星人」の意向である!!!
自民政権にもどしたくないという「執念」であろう。

しかし、ここからが「問題」
メドは、二次補正予算6月末と考える「鳩山星人」

ところが、菅は「メド」を逆手に取り、「時間をかけてメドをつけていくつもり?」
来年1月までの説も。

おいおい、またわからなくなってきたのかよ??
やはり、「鳩山星人」が動くと、「話」がこじれることだけははっきりしている(苦笑)

そして、「蚊帳の外」の小沢の「思い」たるや・・・・・

松木謙公はあまり好きではなかったが「ある意味」本当に「正直」「愚直」な
人なのかもしれない。 
実は、「いい男」なのかもね。

後、横粂議員(離党)は何か「青い」感じだよねえ。

しかし、またまた、「鳩山星人」が仕掛けた「茶番」に国民は翻弄されただけである。

いい加減にしてくれよ。「本当に日本を救うリーダー」はいないのか?
全く、情けないよ。

菅「ペテン師」 人間として、「恐ろしすぎる」・・・・・(溜息)



Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/534-f8d466ee