18日、技量審査場所 11日目を家族みんなで観戦。

向12側 2のマス席をゲットしました。

私ひとり、早めに国技館へ。
通常の場所と違い、「お茶屋」さんは開いていないし、売店もほそぼそと。
そこらへんを、知っていたので、両国駅そばの売店でお酒とつまみを。

本当は、「酒類」の持ち込み禁止らしいが、そこは何とかなるだろうと。

幕下の中盤あたりから観戦。
場内は、「子供」も多く、普段「相撲」を見たことがない人達が沢山の感じ。
でも、「ファン」を増やす上では、それも大事か?
「無料」なので「とりあえず」的な感じは否めないよね。

正直、時間まえになっても、「ざわついた」ような雰囲気に違和感を持ったけどね。

さて、11日目、お目当ての「舛ノ山」は残念ながら「ライバル」の「高安」に完敗。

技能相撲舛3

技能相撲舛2
技能相撲舛

勝ち越しは、おあずけの4敗目(7勝)でありました・・・(泣)

そして人気者「高見盛」も完敗。

技能相撲盛

このままだと、幕内残留もあやうい感じである。35歳だしね・・・

結びの白鵬は琴将奨菊を相手に「余裕」の白星。

技能相撲白鵬

弓取り式は 祥鳳

弓トリ


何はともあれ、平日にも関わらず、八割の入り。
是非、「相撲」を見る人が増えることを期待したい。

そして、「名古屋場所」は絶対に「通常」の開催をしようよね。


頼むぜ、「日本の伝統」である「大相撲」よ!!!!!




Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/519-eaf3e8fd