(以下、サンスポより)

大相撲の技量審査場所(5月8日初日・両国国技館)の無料入場券について、先着順の申し込み受け付けが29日午前10時から、電話とインターネットで始まったが、数時間で6万枚の予定枚数に達したため終了した。

 申し込み開始時から電話がつながりにくいなど希望者が多かったもよう。チケット販売担当者によると、同日昼すぎには予定枚数になったという。

 約3万枚の事前抽選分は既に発券が終了しており、先着順と合わせた計9万枚以外は、相撲案内所を通して購入している常連客に優先して割り当てられた。(共同)

私は事前抽選分は、はずれたが、先着順の申し込みで以下をゲットした。


5月技量審査場所 マス席 11日目
両国国技館 (東京都)
■購入チケット情報
1階・4人マス席 4枚

チケット引き換え手数料の、105円×4枚=420円で桝席をゲットできた。
家族四人で行こうと思っている。
ラッキーではあるが、非売品でありながら以下のような問題もすでに表面化している。

(以下)
4人1組で座る升席は大部分が1升約4万5000円だが、オークションでは27日午後11時現在、千秋楽で2万500円などを付けている。

世知辛い世の中ですよ。本当に行きたい人が申し込まずに、それを転売して金をもうける。
本来行きたい人が申し込んでいるのだろうか?
甚だ疑問である。
無料だから、とりあえず的な輩はやめてほしいよ!!!

まあ、元々、「技量審査場所」自体がおかしいのだが。

楽しみにしているお年寄りに、全く配慮していないやり方だよ。
早く、「お年寄り」が安心して見に行ける状態にもどしてほしいものである。

「身から出た錆」とは言いながら、とほほであるよね・・・



Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/502-fa8ae90e