三人集  第三回公演 Bプログラム

二日連続の紀伊国屋ホールです(笑)
本日は、同級生の悪友と。三人旅です?

リレー落語 「ちきり伊勢屋」 今日は三三師がトップバッター。
マクラで「WBCネタ」 今日はこれで決まりですね。
昨日以上に力の入った三三師。きのうも市馬師が言ってましたが
師のくささは、私は武器だと思います。誠実な性格が垣間見れました。

二番手は、談春師。 マクラで「イチローの運」の噺。こういう人間の業的な噺は
立川流の独壇場です。このトークで楽屋で三三師を洗脳しておったそうな(失礼)
私は、きょうの順番の方が良かったなあ。
真ん中は、だれやすいので、巧者談春師がぴったり。

トリは今日も、市馬師。同じ噺ですから、昨日と大きく変わるわけないのですが
何故か、師匠の噺は、二日続いても、本当に心地よいです。
やはり師匠は癒し系ですね(笑)

お中入り後

三三師 「三人旅」(序) 今回は旅がテーマだったのかな。
途中で、はいどうどうと 馬を引きながら(馬は誰だろう)市馬師歌って登場。
頬っかむりも素敵でした。場内爆笑の渦。

続いて、談春師 「おしくら」 初めて聴きました。三人旅の後半なのですね。
師の茶目っ気たっぷりのお女中衆、楽しかったなあ(笑)
円右師にそっくりなおばあさん。目に浮かびます。

トリは、市馬師 「宿屋の仇討」 ミニバージョン。
「相撲甚句」も聴けたし、師匠の「いはーーち」は何度聴いても最高!!!
「宿屋の仇討」は、十八番ですものね。 師匠の魅力を引き出すには最高の噺では。

最後は、短めに三人でご挨拶  談春師は三三師と 10歳年が違い
市馬師とは 15歳違うそうな。 そんな三人が本当に仲良く、そして時には
刺激をし合って、落語を背負っていくのだな、と思いました。
三三師に対する、 お二人の期待は相当なものです。

本当に2日間楽しかったです、。 そして、オフィス・エムズ様 ありがとう!!!
http://www.mixyose.jp/
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/5-9cec3980