素敵な話ですよね。

(以下)
 震災で楽器を失った宮城県気仙沼市の小中学生のジャズオーケストラ
「スイング・ドルフィンズ」に16日、ジャズの故郷米ニューオーリンズのライブハウスから
トランペットやサックス14点が届けられた。

 米国の音楽普及活動をする日本ルイ・アームストロング協会などの仲介で実現。
トランペットを受け取った小山奏子さん(12)は「新しくてピカピカ」と笑顔で話した。
93年に結成され、小学5年から中学3年まで24人が参加。24日には気仙沼市の避難所で公演する。

まるで、「スイング・ガールズ」ばりの大活躍です。

こんな時でも、「音楽」は世界共通です!!!
うれしいよね。若い人たちの元気な姿が、一番の「力」ですよ。

「サッチモ」の魂が生きていたね。ありがとう。アメリカ。

さあ、みんなでがんばろうよ!!! 

「日本、大好き!!!」

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/499-9bbf04cb