よっしーのつぶやき

横浜ベイのこと、落語のこと、大相撲のこと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「想定外」は工学では最も重い罪: 望湖庵日記を読んで

昨日、仕事の関係で「設計管理」の勉強会に出席していた。

この会は「関西設計管理研究会」と言う会で、私も昨年から会員になっている。
非常に有意義な会である。

昨日、この会の例会である方が紹介してくれたブログ。

「想定外」は工学では最も重い罪:   望湖庵日記

(以下、一部抜粋)

しかし,工学ではそうはいきません.工学はあくまでも実用の学です.私たちが生活する日常空間で,技術的にも経済的にも成立するモノを作り上げ使用していく,というための学問です.基本的な性能を発揮するための "定格条件" がまず想定され,その条件で技術や経済性が成立することが検証されます.その次に行われなければならないのは,"非定格条件" でのモノの振る舞いが,重大な影響を及ぼさないように,さまざまな対策をモノに内包させる,あるいは外部の補機にその機能を付与する,という設計が必要になります.

ここで難しいのは,対策を取る "非定格条件(事象)" の範囲をどこまで拡大するかです.この範囲を広く取りすぎると,対策には莫大なコストがかかり,工学的なモノは設計できなくなります.一方,範囲を狭く取りすぎると,モノの設計寿命内に "想定外" の事象に現実に遭遇し,重大な影響を使用者や外部に与えてしまうことになります.

注意しなければならないのは,非定格条件(事象)を "想定する" ことと,そのための "対策をとる" ことは異なる概念だということです.想像力を働かせれば,想定の範囲はいくらでも広げることができます.しかし,現実にどこまで対策を取るかは,コストを考慮せざるを得ません.従って,工学的にはいくつかのシナリオに分かれます.

1.事象を想定し,影響を評価し,対策を取る
2.事象を想定し,影響を評価するが,十分な対策は諦める
3.事象を想定するが,影響を十分に評価できないため,最大限の安全係数をもって対策とみなす
4.事象を想定するが,影響を評価できず,対策も取らない
5.事象を想定せず,対策も取らない
このとき,工学で許されるのは(1)(2)(3)までであり,(4)(5)は工学では許されない,と私は考えます.後半の二つは技術者倫理に抵触し,職業上の罪であると思います.特に(5)は最悪の罪で,想像力の欠如,あるいは思考停止,あるいは無能,などという侮蔑的なラベルを張られても仕方がありません.

まさに、今回の「原発」の問題こそ、これにあてはまるのではないだろうか。

そして、最後の方でこう書いている


このように考えを進めていくと,日本の原子力工学や原子力行政がいかに狭い範囲に限定して "想定" を行ってきたかがわかる一方,シナリオ(2)を取らざるを得ない場合も多く,社会的合意をどのようにとっていけばよいのか,試行錯誤が必要な課題も多いと気づかされます.いずれにせよ,効用とリスクを天秤にかけた場合,万全の対策というのはあり得ず,必ずリスクをはらんでいるということを,行政当局は周知させる必要がありますし,市民の側にも覚悟が求められることは明らかです.



至言である。
東京電力は、まさにこの「工学」の世界で、最も重い罪を犯した訳である。

本来、「日本のものづくり」はもっと世界に誇れるものであった。
まあ「電力」を「ものづくり」と定義をするのは難しい側面はあるが
彼らは「安全」と言うものを「一番」に
考えてきている立場であるはずなのに・・・・・

こう言った側面からも、「地震」の影響とは言い難い「人災」的な部分を感じざるおえない。
「ものづくり」「人づくり」 もう一度、「原点」から出直す時が来ているようである。

最後は、「人」ががんばるしかないのだから・・・




Comment

 

同感です。
と同時に計算だけで、計算通りにものが作れると思っている原子力工学の“秀才“たちの限界でもあったと思います。
めちゃくちゃに細かいコンピューターを駆使した応力解析だってその通りに作れる職人がいなくてはならない。
違うメーカーがつぎはぎに作った(政治)配管の継ぎ目が地震で壊れていないとはいいきれないないのです。
  • posted by 佐平次 
  • URL 
  • 2011.04/23 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

佐平次様。そうですよね。
どんなに計算しても、最後はそれを作る
人です。「現場主義」これに尽きますよね。
日本らしさの「根幹」を揺るがす忌々しい
問題ですよ!!!

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

創塁パパ

Author:創塁パパ
落語大好き(特に柳亭市馬・古今亭志ん五・桂米二・古今亭志ん朝)
大相撲大好き(特に舛ノ山と栃の山そして常盤山親方)
JAZZ大好き(特にクリフォード・ブラウン・レッド・ガーランド・アート・ペッパー・シダ―・ウォルトン)
戦国武将大好き(特に大谷吉継・石田三成・直江兼続など西軍好き)
横浜DeNAベイスターズの大ファン!!!
創塁(つくる)パパです。
9歳。小学校3年生
やんちゃ坊主の父です。
マニアックさは
誰にも負けません(笑)

最新記事

にほんブログ゙村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。