大相撲の特別調査委員会が認めた関与の力士
以下。元々の関与を指摘されていた竹縄親方・千代白鵬・恵那司は
除いて以下の力士が処分された。
そして、谷川親方も。

▽引退勧告

 徳瀬川 (幕 内)   朝日山部屋

 白 馬 (幕 内)    陸奥部屋

 春日王 (幕 内)   春日山部屋

※光 龍 (幕 内)    花籠部屋

※猛虎浪 (幕 内)    立浪部屋

 琴春日 (幕 内)  佐渡ケ嶽部屋

 将 司 (十 両)   入間川部屋

※豊 桜 (十 両)    陸奥部屋

 境 沢 (十 両)    尾上部屋

※霜 鳳 (十 両)   時津風部屋

※旭南海 (十 両)    大島部屋

 安壮富士(十 両)  伊勢ケ浜部屋

※若天狼 (十 両)    間垣部屋

※清瀬海 (十 両)   北の湖部屋

 保志光 (幕 下)    八角部屋

 十文字 (幕 下)    陸奥部屋

※霧の若 (幕 下)    陸奥部屋

※白乃波 (幕 下)    尾上部屋

※山本山 (三段目)    尾上部屋
▽退職勧告

※谷川親方(元小結海鵬)  八角部屋

当初名前のあがっていない、力士も含まれており
以下の4つのポイントから判断された。

(日刊スポーツより)
(1)八百長を認めた竹縄親方、千代白鵬、恵那司の供述。

(2)警視庁が解析して提供を受けた携帯メール。

(3) (1)の3人が認めた取組の映像を検証。

(4)携帯電話の提出を求めた時の対応。

携帯電話の提出も判断材料になった。業者に解析を依頼中の携帯電話は旭南海、霧の若、十文字の3台で、いずれも故障中。豊桜は紛失し、霜鳳の電話は壊れて電源が入らない。ある力士が「妻が踏んだ」として提出した携帯電話は、ドライバーでこじ開けられて配線が切られていた。こうした事実は不自然とし、疑いにつながった。



一部の力士からは、関与への否認、法的手段もとの流れはあるが
「疑わしい」という、根拠を覆す、立証は不可能と思われる。

ただ、関与が疑われていた、蒼国来と星風は処分を免れた。
継続調査は必要であると考える。

決して、納得がいく、「処分」ではないと思うが、調査委員会の
強い意志が働いた内容であると言えよう。
ある委員は「裁判にも耐えられる判断」であると述べている。

調査は、続けながら「復興」への「お役立ち」的な活動を開始してもらいたい。

処分に該当した、力士は不満もあると思うが、素人の私でも怪しいと思われる
力士がほとんどであった。

力士たちは「潔く」認めて引退して欲しい。ここまで来て「悪あがき」は
かえってよくないし、その人の人生にも汚点を残す。

また、本当は「親方衆」への処分が甘いことも不満である。

「大家といえば親も同様」「店子といえば子も同様」であろう。

今回の処分ですべてが終わったわけではないが、「前」に進むしかないのだよ。

がんばれ「大相撲」 私は何があろうと応援するよ!!!!!






Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/475-a9f8f917