よっしーのつぶやき

横浜ベイのこと、落語のこと、大相撲のこと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨークの溜息 ヘレン・メリル With クリフォードブラウン

落語会へいけない分、もうJAZZにはまるで(失礼)

「ニューヨークの溜息」ことヘレン・メリル

実は、私のJAZZ人生の始まりは
「ヘレン・メリルWIthクリフォード・ブラウン」です。

ヘレンのボイスも最高であるが、ブラウニーのペットが最高!!!
これを聴いてなかったら、絶対JAZZにははまらなかったよ。
4183T3TXRJL__SL75_.jpg

何と言っても、ブラウニーの伴奏が最高ですね。
サラ・ボーンとダイナ・ワシントンとのブラウニーの伴奏盤
はありますが、絶対にこの作品が一番かと(独断ですが)

1. Don't Explain
2. You'd Be So Nice To Come Home To
3. What's New
4. Falling In Love With Love
5. Yesterdays
6. Born To Be Blue
7. 'S Wonderful


(以下アマゾン批評)

「ニューヨークのため息」というキャッチフレーズを思いついたのは誰なのか知らないが、たしかにヘレン・メリルはニューヨークの出身であるし、ハスキーヴォイスの哀感漂う歌声、インテリジェンスを感じさせる都会的な歌声は、ウディ・アレンの映画にもぴったりとマッチする。
ヘレンの最高傑作といえば、1954年に録音した本作できまりだろう。極め付きの<2>はコール・ポーターの名曲だし、ほかにガーシュウィンやロジャース&ハートらのメジャースタンダードを取りあげていて、選曲がいい。それらの曲を控えめに料理したクインシー・ジョーンズのアレンジも冴えている。そして、クリフォード・ブラウンの素晴らしいトランペットソロが聴けるのも本作の魅力だ。当時25歳だったヘレンのみずみずしい歌声と輝かしいブラウンのソロ。その絶妙なコンビネーションがなんともいえずいい。2曲目が突出したかたちで有名になってしまったけど、ほかの曲もすべてチャーミングだ。(市川正二)

私は、<2>も好きですが、曲的には<4>にはまります。

とにかく、個人の批評はひとまずとして、この作品はブラウニーとヘレン両ファンに
とって「最高傑作」と言っても過言ではないでしょう!!!

私を、JAZZに導いてくれた「恩人」です(笑)

(以下、ウィぺディアから)

ヘレン・メリル(Helen Merrill、1930年7月21日 - )は、アメリカ合衆国の女性ジャズ歌手。本名はイェレナ・アナ・ミルチェティッチ(Jelena Ana Milcetic)。
その歌声は、しばしば「ニューヨークのため息」と評される

まだ、お元気です。うれしいな。





Comment

 

おやおや、とっておきを出しましたね(笑)
このアルバムの曲は全部いい!
ジミー・ジョーンズのピアノもオスカー・ペティフォードのベースも抑え気味ながらしっかりサポートしているし、ヘレンとブラウニーは、もちろん言うことなし。
あのクインシー・ジョーンズが、1954年という昔にアレンジャーとしてこんないい仕事をしていたということを、マイケル・ジャクソンでしか彼を知らない人に教えてあげたいですね。
'S Wonderfulを、アニタ・オディと聴き比べるなんてのも楽しいよね。
ジャズ・ウィークエンド、私もいろいろ聴いていますよ^^
  • posted by 小言幸兵衛 
  • URL 
  • 2011.03/26 08:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

出しちゃいました。
アニタを出したので、ボーカルつながりで
ね。クインシー・ジョーンズもすごいです。
まさに、最高のボーカルアルバムですね。
  • posted by 創塁パパ 
  • URL 
  • 2011.03/26 10:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

創塁パパ

Author:創塁パパ
落語大好き(特に柳亭市馬・古今亭志ん五・桂米二・古今亭志ん朝)
大相撲大好き(特に舛ノ山と栃の山そして常盤山親方)
JAZZ大好き(特にクリフォード・ブラウン・レッド・ガーランド・アート・ペッパー・シダ―・ウォルトン)
戦国武将大好き(特に大谷吉継・石田三成・直江兼続など西軍好き)
横浜DeNAベイスターズの大ファン!!!
創塁(つくる)パパです。
9歳。小学校3年生
やんちゃ坊主の父です。
マニアックさは
誰にも負けません(笑)

最新記事

にほんブログ゙村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。