以下、読売新聞より

菅首相(民主党代表)が東日本巨大地震と東京電力福島第一原子力発電所での事故を受け、自民党の谷垣総裁に原発問題担当相としての入閣を要請していたことが18日、明らかになった。

 谷垣氏側は拒否した。

 これに関連し、民主党の岡田幹事長は同日、国会内で開いた「各党・政府震災対策合同会議」で、閣僚の3人増員を柱とする内閣法改正を提案した。3ポストは原発問題担当と復興担当、被災者支援担当が念頭にあるとみられ、野党側も大半は増員には賛成する方向だ。

 谷垣氏への入閣要請は、首相周辺から関係者を通じて自民党幹部に伝えられた。谷垣氏側は「入閣は大連立と同じで、責任の所在が不明確になるだけだ」として拒否した。

 これを受け、首相は与党から新ポストへの起用を目指す意向だ。仙谷由人官房副長官や国民新党の亀井代表らの名前が取りざたされている。

 岡田氏は合同会議で、副大臣、政務官、首相補佐官を増やすことも提案した。

おいおい、おまえらはこの非常事態時においても、「政争」を繰り返すのかよ!!!
「政策」の一致がないとか、ほざいているが、もうそんな時期ではないだろう。

この時だからこそ、元与党としての手腕の発揮ではないだろうか???
今の、日本の不幸は菅と言い谷垣と言い、「平時」の対応しかできない
「お気楽」の「批判だけは強い」こういう、「リーダーシップ」とは
全く逆の資質の人が中心となっていることである。

自民党が、協力することで、決して不利益にはならないと思うんだけどなあ。

「非常時」でリーダーシップを取れる人が出てくることが「国」としての期待
でもあるが、今の「政治家」たちには、そんな「使命感」もないし、ある意味
「自分さえよければ」「選挙に勝てれば」しか、考えていない人達の集まりでは
どうしようもないね。

私は、「民間」の中からしか、リーダーシップは生まれてこないと思っている。

たとえば、今の現状の中で、「イチロー」とか「ダルビッシュ」とか「柳井さん」とか
こういう人の「被災への支援」を聞くたびに、政治家とは「ちゃちな」人種としか
思えない。彼らも所詮、「落ちたら」ただの人だけどね。





Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/457-259a2cd6