NHKのテレビを見ていて、村の名前は忘れたが南相馬市のある村の村長が
「国も、東京電力も何の情報も提供してくれない」と。

いやあ、ひどいもんだよね。
情報をもらえないことほど、不安を大きくしていくことを「国」や「東京電力」は
認識しているのだろうか??

今日は、会社も自宅待機となり、家にいたが、ずっと家だとイライラするので
つくると近所に散歩へ行ったが、スーパーの品のなさにびっくり。
気持ちはわかるが、これも「敏感」になり過ぎではないだろうか。

「情報の掛け違い」がどんどん「民衆」の「不安」をつのらせて「悪い方向」へ
向かっていく怖さを感じているのだろうか?

日本の歴史の中で、大きな震災でいろいろな「風評」が「暴動的」な動きを
誘発したことを忘れてはいないだろうか?

屋内退避への情報の未開示などはまさに「怠慢」以外のなにものでもない。
国や東京電力は、指示をしていると、うそぶくだろうが、それは「仕事」ではない。

よく、「指示は徹底してる」なんて発言が多いが、これは仕事以前である!!!
「作業」ですよ。 「仕事」ではありません。

人に任せるのではなく、「現場に出向く」 「現場主義」  これを徹底しない
限り、「仕事」ではないのだよ。

政治家や官僚そして東京電力の幹部諸君。「本当の仕事」を君たちはしているのか?
「現場」を常に意識しているのか!!!

われわれひとりひとりの「冷静さ」に助けられているだけではないのだろうか?

お願いだから、同じ日本国民として、今こそ「本当の国民目線」で動いてくれよ。
もう、お願いするしか、我々の立場はないのだから。 菅さん国民の声を
聞いてください。 あなたの最後のチャンスです!!!


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/452-e80b8a95