よっしーのつぶやき

横浜ベイスターズのこと、落語のこと、大相撲のこと。JAZZのこと。

PRES AND TEDDY (スイングジャーナルゴールド・ディスク)

落語ブログ仲間のKさんから、「PRES AND TEDDY」を頂いた。

このアルバムは「スイングジャーナル」の「ゴールド・ディスク」にもなっている。

昭和60年のスイングジャーナル5月臨時増刊の「ゴールド・ディスク辞典」によると
30年代のビリー・ホリデイ・セッションから20年・・・・・プレス~テディの
「旧友」が再会とある。

レスターは、一時期極度の不振に喘いだそうで、ナーバスなレスターが必要としたのは
気心の知れた旧友だったらしい。その人こそテディ・ウイルソンであった。

本アルバムは、テディを相棒に往年の輝きを取り戻すレスターの姿が刻まれている。

1オール・オブ・ミー
2恋のとりこ
3ルイーズ
4ラブミー・オア・リーブ・ミー
5恋のチャンス
6わが恋はここに
7ブレス・リターンズ

7は、レスターのオリジナルで、後から加えてコンプリート版にした。
(ポリドールから81年11月の発売)

ベースはジーン・ラミー ドラムはあの名手 ジョー・ジョーンズ

いいねえ。決して派手ではないが、この二人の演奏はまさに、「両者が最も得意なスイング」
の粋さとでも言おうか。

年を取ってまた、JAZZを聴きはじめようかと思っている。
結局この年代が一番「くるんだよ・・・」

やはり50年代。JAZZの「よき時代」です。

Kさん、ありがとう。 大切な「出張のお供」にしますね。

410ENNKZ2DL__SL500_AA300_.jpg

 < ゴーイン・ホーム/アート・ペッパー・ラスト・レコーディング(ゴールド・ディスク) + 通ごのみ 扇辰・白酒二人会  2月25日 > 

コメント

50年代っていいですよね。

モダンジャズの50年代、それも54~57年を私は黄金時代だと思っています。
レスター・ヤングは、もちろんそのずっと前にビッグバンドで全盛期を迎えましたが、亡くなる数年前に、テディ(と他の達者なメンバー)とで、こんな素敵な遺産を残してくれたのって、うれしいですよね^^
アート・ペッパーとジョージ・ケイブルズの二人も、ペッパーが亡くなるほんの少し前に、たどたどしい音も残しながら、素晴らしい記録を残してくれています。

ジャズって、本当にいいですよね!(某映画評論家風に^^)

ありがとう

幸兵衛様。ありがとうございます。
また、JAZZの虫が私を呼んでいるようです(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/438-f1be9745

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30