恒例の天満天神繁昌亭での桂米二師匠の会。

開口一番 桂雀太 「時うどん」
雀三郎さんのお弟子さん。何と言えばいいのか「昔の噺家」さんの
雰囲気があって個人的には好きです。

桂米二 「持参金」
ある会で、みんなのギャラを預かったまま、その場で渡すのを忘れた師匠。
「みんなその場で言ってくれればいいのに」そんなに話しかけずらい「オーラ」出しているかな(笑)

わたし  番頭さん  金物(かなもん)屋の佐助さん この三人が主な登場人物。
もともと、この噺は「米朝師」直々に稽古をしてもらった噺だとか。
明治時代に作られた噺らしいが、「古典の匂い」が「ぷんぷん」して大好きである。
ところどころで、鋭い「米二ギャグ」が出てきて大爆笑。師匠「ニン」の噺と言えよう。

師匠連続で登場 「愛宕山」
師匠のこの会は、ゲストのことも考えて三席演る師匠は続けて出る運命(笑)であるが
毎回、中々、しんどいと思うががんばってくれている。

マクラで「京都のにせ舞妓さん」の話(観光の一環で普通の人が舞妓さんに化けるらしいが
似合わない人が多くて、これが舞妓さんと外人さんが思ったら文化の損失だと(苦笑)
化けるのにも「審査」が必要ですね(笑)

この噺も何度も聴いているが「京都生まれ」の師匠の「品の良さ」が出ていて秀逸。
「はめもの」が入り、この噺も「米朝ゆずり」のいい感じがして好きです。

中入り

桂米團治  「蔵丁稚」

米二師匠とはほとんど年齢も近く、米二師の後に入門した「ボン」を米二師は「けむたい存在」に
感じていたのでは?なんて言っていましたが、どうして二人は仲がいいのですよ。
お互い言いたいことを言いあえる仲のようです。
「りくやん」と呼ばれる、米二師の「人間国宝」に対しての「大胆な?(笑)」発言の数々を・・・

本編は 別名「四段目」
「人間国宝」の家の「プリンス」として、やはりどことなく「横顔」が米朝師に似ていていいんだよな。
品があるし、この噺は「歌舞伎」の世界が中心なのでプリンス「米團治師」にぴったり。
全体の噺に「無理がなく」さすが「いいところのせがれ」という感じ。
噺に余裕を感じることができ、無理に「四段目」を演ろうと「苦しんでいる」正蔵師とは大違い。
(以前この噺の正蔵を寄席で聴いたことがあるが、観客がはらはら落ち着いていない感じがした)

私は「いい意味」で芸は「まねる」ことが大切だと思っている。
米團治師に習って、正蔵師も「先代三平師」の「明るさ」をまねてほしいものである。

トリは 桂米二  「天狗裁き」

師匠は、夢で何度も、「米朝師がなくなられる夢」を見たことがあるそうだ。
「ずっと生きていてほしいからこそ」 見る夢なのだろう。

この噺ももう何度も聴いているが、毎回毎回、「進化」して「米二バージョン」を
つくりつつある。 もちろん「米朝バージョン」が基本であると思うが
きっと未来この噺は「桂米二」の「十八番」となりえる噺だと思います。

正直、最近の桂米二師の「充実」ぶりはすばらしく、もっともっと沢山の人に聴いて頂きたい。
と同時に、「あまりメジャー」にはなってもらいたくない自分もいます。
ファンは「勝手ですよね!!!」

いや、「是非、みなさん 米朝落語の一番の継承者 桂米二をよろしくです!!!」


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/428-e99ed8d2