やはり、春場所は中止の方向へ。

仕方ないとは言いながら、残念だよね!!!

ただこれだけは言いたい。「八百長」なんて関係ないがんばっている人達も
沢山いるのだからね。

私が子供のころ、「お相撲さん」は憧れの存在だった。
確か、中学一年生のころ、両国へ「お相撲部屋」周りをしたことがあった。

初めての体験で「恐る恐る」の感は否めなく、「稽古」を見せてもらうなんて
考えてもみなかった。

そんな時、舛田山関が「僕たち、稽古みたいの。入んなさい」
この一言で、「すっかり安心して」案内してもらい、なんと「春日野親方(栃錦)」
のとなりに座らせて頂き「稽古」を拝見。

そして、舛田山関にサインを頂いて、そばにいる「金谷関」(後の栃赤城)にも「サインしてあげてと」
舛関が言ってくださって、 栃関からも頂きました。

本当に、うれしかった。こんなに「身近」に「お相撲さん」を感じることができ
一気にファンになりました。


その後、舛田山関引退後、紆余曲折もありようやく、「千賀ノ浦部屋」を創設。

そして、ついに「念願の関取誕生!!!」(舛ノ山 十両に!!)
なんと、舛ノ山関は未だに「関取」になっても、「個室」に入らず皆と「大部屋生活」
そして、部屋の力士皆が、親方「千賀ノ浦靖仁」を尊敬しているのですよ。

いい話ではありませんか。こんな素敵な力士・親方もいるのです。

春場所は仕方ないと思います。でも、絶対「大相撲」を消滅させてはいけないのです!!!

「日本人」が「日本人」たる「文化」を感じるもの。
「大相撲」。もう一度、再生してください。

切に祈ります。 「大相撲大好きです!!!」



DSCF9321-1.jpg
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/425-a06ecec9