明日発売予定の「春場所」のチケットが延期となりました。

確かにこのままじゃ、ファンも納得いかないでしょう。
ただ、「一生懸命」にがんばっている力士も沢山いることを
わかってほしいよね。

昨日の「とくダネ」で元隆乃若のタレント尾崎勇気さんは発言していた。
以下、ブログの文書であるが、番組でも同内容の発言。


(以下、尾崎さんのブログより抜粋)

尾崎勇気のきばるぞ!

私が現役の時も当然そのような「噂」はありました。しかし、実際に不正のやり取りをこの目で見たわけではなく、あくまで人づてに聞く、または週刊誌を見て知る「噂レベル」の話だったので、八百長が確実にあるとはこれまで言い切れないところはありました。

今回の報道で、一部ではそのような八百長が実際に行われていたという事実が判明し、相撲界にいた人間として非常に残念な気持ちです。大相撲の本場所は真剣勝負を見せるという前提でお客さんからお金をもらっているわけですから、八百長は絶対に許されることではありません。

私はたいして強くもない並みの力士ではありましたが、それでも16年の土俵生活に一点の曇りもないと胸をはって言えます。 怪我で早く引退することにはなってしまいましたが、それでもガチンコの相撲人生を貫いて本当に良かったと今でも思っています。

今回の報道で大相撲全体が八百長だという印象になってしまうのが、本当に悔しいです。現役でも真面目に土俵を務めている力士もたくさんいますし、ガチンコを貫いて引退した元力士の人だってたくさんいます。

「全部が八百長じゃない。そんなこととは無縁の力士だって相撲界にはたくさんいる」ということを私は強く言っていきたいと思っています。

そしてそんな真面目な力士たちのためにも、相撲協会が無くなることがないよう切に願っています。

まさにそのとおり。
そして、現役の時、他の部屋の力士と「気安く会話」をするなと親方から教育されていたとのこと。
さすが「隆の里」(鳴戸親方)ですね!!!
出稽古にこの部屋は行かないという理由も確かに一理ありますね。

今回の問題は、力士だけでなく、親方としての指導力も問われています。

九重親方・春日野親方はどう考えているのでしょうか?



Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/424-0cfc8d17