以下、「夕刊フジ」より

10日に放送されたNHKの大相撲中継で、とんだハプニングが起こった。ゲスト出演した相撲通で知られるアーティストのデーモン閣下が衝撃発言。来年初場所の夢番付という企画で、東前頭筆頭に「琴田宮」を挙げたのだ。

 琴田宮は昨年7月、野球賭博に関与したとして解雇された元大関琴光喜(34)=本名・田宮啓司=の入門時のしこ名だ。日本相撲協会にとっては心機一転を期す初場所だけに、触れてほしくない話題。加えて協会は10日、田宮氏が力士としての地位保全を求めた仮処分申請が東京地裁に却下されたことを発表したばかりだっただけに何とも間が悪かった。

 NHKは事前の打ち合わせでは「琴田宮」の名を出すことに反対したものの、デーモン閣下が「それではデーモンを出す意味がない」と突っぱねたという。デーモン閣下は「琴光喜に関しては処分に疑問を持っている。反省したうえで十両下位からやり直してもいいのではという私見だった」と説明した。NHKの演出に対し、一部の若手親方からは「ふざけている」という声もあがるなど物議を醸している。

このくらいで「目くじら」たててはだめだよ。
協会も人気回復のため、「閣下」を利用するくらいの「ずうずうしさ」がないとね。

私は、先日の「相撲放送」は画期的であったと思っています。
「相撲」はスポーツではありません。「興行」なのです。
「顧客」あっての「大相撲」です。「楽しませる演出」これも必要なのです。



Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/407-574eb0bb