箱根駅伝。最終10区の争いはおもしろかったねえ。

早稲田大学と東洋大学の優勝争い。
東海大学と明治大学の4位争い。
中央大学と拓殖大学の6位争い。

何と言っても、最高にスリリングだったのは
シード権をかけた以下の内容 (サンスポより)

シード権争いはゴール直前まで國學院大、日体大、青学大、城西大の4チームが8位集団でつばぜり合いを続けていた。しかし、最後のスパート合戦の中、集団のトップを走っていた國學院大のアンカー・寺田がコースを間違え、ゴール前を右折。すぐに気付き、修正して何とか10位に入った。

 國學院大の前田監督はレース後、「コースを間違えたときは驚いて目が飛び出るかと思ったが、寺田ならやってくれると思った」とコメントした。8位日体大、9位青学大、10位國學院大がシード権を獲得し、11位城西大はわずか3秒差でシード権を逃した。

しかし、寺田選手はがんばったよね。よく盛り返したよ。まさに「あっぱれ」
テレビ中継車に 「喝!!!」

相変わらず、我母校の、中央大学は地味で全然TVに映らなかったね。
友人がブログでその言を的確に表現していた(苦笑)

(以下)
中大は例のごとく、優勝争いには一切絡まないけどシード権争いとも無縁。一番テレビに映らない損なパターンだね。


総合タイムの新記録も出て、中々、見ごたえのある「箱根駅伝」でありました。




Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/400-d27e7266