よっしーのつぶやき

横浜ベイのこと、落語のこと、大相撲のこと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第30回 人形町 らくだ亭 染丸・小満ん・一朝の競演に感動

恒例の「人形町 らくだ亭」 第三十回

開口一番 春風亭朝呂久 「道灌」
一朝師のお弟子さん。初めて聴いたが、少し(笑)小太りの愛くるしいキャラ。
なかなか楽しめました。

三遊亭司 「干物箱」
小唄を習っていると。何か若旦那の感じがするよね。
人形町も「風情」があるしね。
四代目の三木助師のお弟子さんであった時期もあるとか。
色気のある噺が似合うと思う。今は、歌司師のお弟子さん。

林家染丸 「大晦日浮かれの掛け取り」
東京の方は、意外とお目にかかれない師匠だと思うが、上方では重鎮的な存在。
「はめもの入り」での所作は、本当に秀逸な師匠である。

狂歌家主→豊竹屋(浄瑠璃)→酒屋(歌舞伎好き)→魚金(喧嘩好き)と自由自在にあやつる師匠の噺に
引き込まれました。「上方版」も楽しいですね。

お仲入り

柳家小満ん「厩火事」
マクラで、「新婚の話」 半年がピークか?(笑) スリッパも並べられなくなる・・・
犬しか迎えてくれない・・・ なんて。 うちもちびしか迎えてくれないか・・・

ご存知「黒門町」の十八番。実は小満ん師の「厩火事」は初めて。そして、去年初めて人前で
演った落語の演目がこの噺。奥が深いよね。(私の天狗連落語ですよ)

「寄席」に行くことをだしにして奥方をだまそうとするネタも。小満ん師を聴きながら
自然と「黒門町」を思い、「じーん」ときてしまったね。
私の、「古典落語」への出発が、まさに「八代目桂文楽」だったので、今日の小満ん師の噺は
正直、「うるうる」ものでありました。まさに「べけんや」でございますよ(笑)

トリは 春風亭一朝 「淀五郎」
まずは、マクラで「いっちょうけんめい」(笑)

この師匠も、最初に寄席通いした頃から「江戸前」の雰囲気が感じられて好きな噺家さんで
あったが、このところ、めきめきと安定してきて良い味を出しているよね。
妻は歌舞伎役者、5代目片岡市蔵の娘である。ということで、今日の噺もうなずけるよ。

全編、この世界の「独特」なつながりが垣間見れて楽しかった。

そして、人が人を育てる大切さを感じた。(今の世に一番大切なもの)

落語会終了後に、また新しい「趣味」の出会いができた。

「落語」好きも、結構いいものである、と言うより「落語」を好きになってよかった(笑)


Comment

No title 

帰宅して円生の「淀五郎」をききながら仲蔵の教えるところをどうやってたか[もっと簡単だったような気がしたので)確かめようと思っていたのですがそこまで行かないうちに寝てしまいました^^。
  • posted by 佐平次 
  • URL 
  • 2010.11/25 09:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

書くの早いじゃないの(笑) 

あれぇ、なんとも早いご執筆!負けました(笑)
昨夜1時頃殴り書きした内容を一応確認して先ほどオープンしました。
楽しかったですね!
仕事の関係ではありえない、楽しいひとときでした。
後日また!
  • posted by 小言幸兵衛 
  • URL 
  • 2010.11/25 09:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

佐平次様。私もめずらしく、気持ちが高ぶって家で一杯やりながら
ブログを書いてしまい、今日は眠いです。楽しい会でしたね(笑)

No title 

幸兵衛様。めずらしいでしょ。先に書いているなんて。
何か、楽しく気持ちが高ぶり、なかなか寝られず書いてしまいました。
本当に、楽しい会でしたね(笑)

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

創塁パパ

Author:創塁パパ
落語大好き(特に柳亭市馬・古今亭志ん五・桂米二・古今亭志ん朝)
大相撲大好き(特に舛ノ山と栃の山そして常盤山親方)
JAZZ大好き(特にクリフォード・ブラウン・レッド・ガーランド・アート・ペッパー・シダ―・ウォルトン)
戦国武将大好き(特に大谷吉継・石田三成・直江兼続など西軍好き)
横浜DeNAベイスターズの大ファン!!!
創塁(つくる)パパです。
9歳。小学校3年生
やんちゃ坊主の父です。
マニアックさは
誰にも負けません(笑)

最新記事

にほんブログ゙村

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。