雨の中、通好みの「らくだ亭」に参上(笑)

開口一番 林家扇 「饅頭こわい」

初めて聴いた。正直つらい。なんであの表情なんだよ。
女性としての愛らしい、表情が全く見えない。ぽっぽを見習え(笑)

古今亭志ん輔「佐々木政談」
高座へ上がるまでに、少し息があがっていたとのマクラから。
続いて、近くの甘酒横丁にあるお菓子屋さん亀井堂は、この佐々木信濃守を祖先にもつお店とのこと。
今度、晴れている時にでも行ってみよう。「人形町」は「ドラマ(新参者)」でも話題だったしね。
噺は、まだまだ「ネタおろし」から間もないようだが、きっと進化したら楽しいだろう。
全体的にも、心地よく聴けてまずは及第点か(失礼)

柳家さん喬 「お若伊之助」
生で、初めて聴きました。「ストーリー性」を大切にするさん喬師ならではでしたが
どうも、この噺の「落ち」が気に入らない。何か無理があるよね。
折角のさん喬節が、最後の「どんでん返し」で興ざめになるよね。全体的には聴き入っていたので
とても残念である。

お仲入り後

柳家小満ん 「小言幸兵衛」
いやあ、素晴らしかった!!! この噺を聴いてこんなに感心したのは初めてである!!!
さすが、「黒門町」の愛弟子。そして、「小さん」の「洒脱」さも加わり、はっきり言って
これほどの「引き出し」がある、噺家さんがいるだろうか?と思える程うれしくなった。
まして「らくだ亭」は、顧客もこの「洒脱」さを知っている「通好み」であり、この空間に
いられたことが、とてもうれしかった。まさに「べけんや」であるよ。

最近の小満ん師は、「人気」が出てきそうで、正直困るよね(苦笑)
チケット取れなくなったりして(笑)・・・・・

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/339-8b49b79c