星野仙一氏が、阪神のSDを退団することに。

まあ、ひとつのけじめをつけたのだろうが、何か手放しで喜べないよね。

いまだに、日本のプロ野球が「星野神話」的な考えを持っていること自体がナンセンス。
いかに、「監督人材」がいないかを、浮き彫りにしているのではないか。

確かに「有名」であることは、顧客集めにも影響を与えるが、いつまでも「昔の名前」ばかりで
いいのだろうか?

本当に、日本の球団は「将来の監督」を育てようとしているのだろうか???
答えは「NO」であろう。ビジョンのない監督の首のすげ替えが横行している。

星野氏自体、オリンピック監督での監督としての「器」の疑問符が出た人では???

「何をいまさら」と言いたい。

昨日、見事CSを勝ち抜いたロッテの西村監督!!!

こういう人を育てねば「日本のプロ野球」はまた「旧態依然」の方向にすすんでしまうよ。
どうせ、また田淵がヘッドコーチだろう・・・・・

今回の星野SDの会見に興ざめを感じたのは私だけだろうか。

Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/332-d96d184b