「サンデー・モーニング」を久しぶりに見た。(大沢親分の追悼番組だったので)

張本勲氏や関口宏の横暴ぶり。「報道のTBS」にふさわしくないいい加減な
番組作りに辟易していたが、「大沢親分」は例外的に好きだった。

張本氏と二人の「スポーツ・コーナー」は大沢親分のバランスのとれた会話で
いつも、何とか救われていました。
(張本氏の独断と関口氏の勉強不足であらぬ方向に行きそうになるところを)

大沢氏は、いかにも「親分肌」の「べらんめえ」な性格に見えて実は繊細な方だった。
面倒見がよく、長嶋茂雄氏の「南海ホークス」への誘いの話は有名であり、自分に
関係があった「野球人」の面倒をとことん見たという。

「コーナー」の最初の「歌」はとても楽しみにしていたし、いつも「日本の野球」への
暖かい愛情が感じられた。

正直、張本氏ひとりではもうあのコーナーはもたないだろうし、関口氏も嫌いだ。

ということで、これからはあの番組を見ることは一切ないと思うが、「大沢親分」のことは
忘れないだろう。

ありがとう 「あっぱれ」 そして「喝」

大沢親分  安らかに・・・
Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/326-3a58560a