「通ごのみ」 最近めきめき頭角をあらわしてきている二人に今回は注目して(笑)
この会に伺いました。 主催は、いつもお世話になっている、オフィスエムズさん。

開口一番 入船亭辰じん 「道灌」
辰じんさんは、たぶん二回目くらいかな。すこしあがっていた感じがする。「道灌」は実は大変
難しい噺なので、前座さんとしては、ハードルかなり高いしね。でも、おとなしかったのはこれから
散々いじられる緊張感から・・・・・(苦笑)

入船亭扇辰 「茄子娘」
白酒さんが、いかにふとったかをいじりながら、今度は辰じんさんの大食漢ぶりにあきれるネタを。
でも、不思議と、扇辰さんの二人への「暖かさ」が感じられ いい人だなあ・・・

「茄子娘」は、実は初めて聴きました。扇橋師匠の十八番ですが、なぜか聴く機会がなくて。
茄子の精が出てくる、ファンタジックな噺。扇橋師匠のキャラにぴったりの噺です。
扇辰さんが今後どんどん進化させてくれることに、期待しています。よかったです。

桃月庵白酒 「抜け雀」
まずは、扇辰さんへの返礼をマクラで(笑)この二人の会は結構定期的なようで息ぴったり。
そして、「雲助師匠」との旅でのお話。本当に「雲助師匠」が言っているようで(真偽は定かでないが)
大変おかしかったです。白酒さんのキャラって本当に楽しい。
「雲助」の話から「駕籠かき」へ「抜け雀」へ。いい流れでした。
「抜け雀」の宿屋の主人の間抜けさに大爆笑でした!!!

お仲入り

桃月庵白酒 「寿限無」
この噺を、これくらい笑わせられる噺家が何人いるだろうか?
それほど白酒さんの、「ブラック的」な楽しさは秀逸であった。
学校の先生が出てくるとこなんて、彼の最高の演出のすばらしさである。

トリは 扇辰師匠

まずは、「何を演りますか?」と。会場へ考えてる二つのどちらかと(笑)
「面白い噺」 「それほど面白くない噺」 やはりひねてる私は「それほど面白くない噺」に
拍手。 でも他の顧客もひねてますから「やはり「面白くない噺」の拍手が多くて・・・(笑)

「阿武松」

最近、志ん輔師のブログにこの噺のことがよくでてくるし、なんとなく相撲の噺が出てくるのでは
と期待してきたので、うれしかった。
タニマチのお手本である板橋の旦那(橘屋善兵衛)や親方の錣山の情。
もちろん、お噺の中でのことであるが、少しでも見習うことがあれば、「相撲」も変革できるのでは。
「阿武松」の名前が汚されるくらいに、「阿武松部屋」はひどいけどね(溜息)

こういう噺をきちんとそして、楽しく語れる扇辰さんに「大きさ」を垣間見る。

本当に、楽しい会・暖かい会でした。 さすが「オフィスエムズ」さんらしい落語会でした。


Secret

TrackBackURL
→http://hitorigoto25.blog22.fc2.com/tb.php/312-62c41344